top of page

『エピソード12 イエスの子らよ』

舞いくるう粉ボコリがおさまって、声の主が見えてきたわ。

なんと、ヨボヨボのお婆さん!

「ごめんなさい!

 粉袋、おばあ様の頭の上に落ちてしまったのね!?」私は謝った。

「ほっほっほ!髪はもとから真っ白じゃわ。もう80じゃからの。」

粉で真っ白だけど、よくよく見れば、修道服を着ているわ。

こんなお年寄りの修道女が、いたなんて!


「よく来たな。手伝ってくれるのか?倉庫の掃除を。」

「はぁあ。やるって言っちゃったから、やるわ。」

エルサはなぜか、ネコをかぶらないでぶっきらぼうに答えた。

「ほっほっほ。そうとんがりなさんな。

 誰もやりたがらない仕事をやるのは、悪いことじゃない。

 イエス様の器に、一歩近づくぞえ。」

「じゃぁおばあさまは、12使徒のリーダーってとこ?」言い争いじゃ負けないのよ、エルサは。

「ワシか?ワシは12使徒どころか、平民の大貧民じゃよ。

 ワシがここにいるのは、人と群れるのがキライじゃからよ。ほっほっほ。」

「ふうん。変わり者なのね?」私が言ったわ。

「そのとおり。ワシは変わりもんじゃ。」

どうやら、本当に変わりもののお婆さんみたいよ。


おばあ様、ヘンなことを言ったわ。

「ところで、

 そろそろ戸を閉めてくれんかの?まぶしくてかなわん。」

「え?もう閉まってるわよ?

 さっきのバタンっていう音、木戸が閉まった音よ。」エルサが答える。

「ふむ?そうか。

 …ふむ。まぶしさの原因はおぬしか!」おばあ様は、エルサを指差して言ったの。

「え?アタシ!?」

「おぬし、すごいな。

 金色のオーラがそそり立っとる。まぶしくてかなわん。」

「は?オーラって?」

「おぬし、やがてリーダーになるのう。国を背負うか、会社を背負うか。」

「あっははは!ありえないわ!」

「おっほほ。今はそれでええ。

 はねっかえりながら遊んでおれば良いじゃろ。

 じゃがな、

 ときどきは、やっておけ?誰もやりたがらない仕事を、な。」

ヘンなお婆さん。でも私、お友達が増えたわ♪



『イエスの子らよ』

最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page