top of page

えなこの過去世は?今生の使命や運勢は?


えなこの過去世は?今生の使命や運勢は?

えなこの過去世は?今生の使命や運勢は?


えなこさんの、今生に最も関連性の深い過去世は、

20世紀初頭の中国での人生です。

このときも女性でした。

えなこさんはこのとき、中国茶の農家の娘でした。



中国の過去世でのえなこさんは、田舎で素朴な暮らしをしていました。家電には頼らない原始的な暮らしです。いわゆる自給自足に近いもので、中国茶以外の農業もしたり、自分たちで綿をつむいだり機織りをしたり、家を建てたりしていました。

えなこさんはとても平和に、様々な創作のスキルを磨いて暮らしました。



今生のえなこさんは、コスプレイヤーを名乗っています。

とても可愛らしい人ですが、アイドル扱いされることを嬉しく思っていないかもしれません。

コスプレ衣装を自分で作った、といった逸話が披露されるのを見かけますが、服飾デザインやお裁縫、舞台デザインなどに非常にこだわりがあるはずです。アイドル顔であることは彼女にとってオマケのようなもので、「クリエイター」という自負があるのではないかと思います!



コスプレイヤーとして生きることにはもう1つ理由があると思われます。

えなこさんは、企業戦士と形容されるような日本の労働社会に大きなストレスを感じるのではないでしょうか?過去世で田舎の自給自足的な、マイペースな暮らしを送っていたので、あくせくと尻を叩かれたり計算ばかりするような暮らしに違和感を覚えるでしょう。

そのためフリーランスや特殊な仕事を選んだ、といった面もありそうです。



えなこさんの使命は、「手作りの啓蒙」です。

「洋服やインテリアを手作りするのって楽しいよ♪誰でも出来るよ♪」といったことを発信して、大衆に気づきを促す使命を持っています。

そのため、衣装の手づくりをアピールしながらコスプレイヤーを行っていることは、彼女の使命に適っていると言えます!

芸術、というよりは、「生活に必要なものを手作りする」というニュアンスのほうが好ましいです。



中国のお茶や食べ物、田舎の生活文化などになんとなく親しみを感じるかもしれませんね。

しかし日本と中国はやや険悪なムードなので、「中国に興味がある」ということはあまり公言できないでしょうか。公言する必要もありません。

茶畑のように緑が一面に広がる風景にも、心地よさを感じたりするのではないでしょうか。



年老いていく自分が想像できないかもしれません。

中国の過去世でえなこさんは、若くして病気で亡くなりました。童顔なオシャレを好むのにはそうした影響もありそうです。しかし、それでよいと言えます。いつまでも少女のような容姿でいることで、大衆女性が「若々しくいるために努力しよう!」と美容や健康に気遣うことへの啓蒙にもなります。


Comentários


bottom of page