top of page

エピソード1

…プロローグだけでも、

壮絶なドラマと啓発性を含んだ社会派ストーリーになるけれど、

僕は、「派遣社員の奮闘記」を書くつもりなど、毛頭無い。

この物語は、「旅の小説」であり、

厳密に言えば、ほぼ100%実話の、「旅日記」なのだ。

そのためには、

僕がどのような人間なのか、ある程度知ってもらう必要があるので、

前書きがてらに、長い前章を綴った。



僕は、

2009年2月16日に日本を経ち、

ロシア・モスクワ空港経由で、エジプト・カイロに降り立った。


カイロに到着したのは、夜中の2時頃だった。

僕にとっては、

真夜中に現地に到着するのは、馴れっこだった。

…別に、交通機関が完全に眠っていたとしても、

「空港のベンチで眠ればイイやん」と、お気楽に構えていた。



…このエピソード2からは、

少し文体を変えようと思っているんだけど、イイかな?

例の新人の彼みたいに、

チャラチャラとオマ〇コ・トークをするつもりは、これっぽちもナイけど、

旅のアレコレを綴るのに、シリアスな文体は、合わないからさ(笑)

…そうじゃなくっても、

「シリアスな文章」を長々と綴ると、僕、ジンマシンが出ちゃうんだよ!

…つまり、

コレは、

ケラケラ笑いながら読む、「とんでも放浪日記」なんだよ♪

…もしキミが、

「シリアスな社会派小説」とカンチガイして、この物語を読み始めちゃったなら、

今のうちに、「回れ右!」しといたほうがイイけど、だいじょうぶ?



カイロ空港の玄関まで出ると、

…夜中の0時だっていうのに…

ものスゴい数の「ひげマリオ」たちが、

「タクシー!タクシー!5ダラー!」

と、早朝の築地市場みたいに、僕らを競り落とそうとしてんだ。

…まぁ、築地市場なんて、行ったことナイけど。


彼らはのうちの90%か、若しくは105%は、

正規のタクシー・ドライバーではなくて、いわゆる「白タク」なんだ。

シロウト旅行者を騙しながら生計を立てることが、

彼らの偉大なる、高貴なる、崇高なる、「人生の使命」なんだよ(笑)


彼らは、ボッタクリ値段で、旅人を市街地まで運ぶのだから、

フツウに考えれば、「煩わしい存在」と言えるよ?

けれどもさ?

全ての発展途上国の空港から、彼らの姿が消えてしまったなら、

「バックパッカー」という人種は、

海外放浪というものを、全くやらなくなっちゃうんだよ(笑)


「バックパッカー」という人種は、

ボッタクリが大好きな大都市の商売人たちを、

いかに上手くあしらい、

いかに上手く友達になり、

いかに上手く利用し、

いかに上手くムシするかを、

一つのゲームと捉えてるんだよ。

つまり、

あの「ひげマリオ」の風貌をしたヤツらは、

スーパーマリオで言うところの、クリボーやノコノコ側なのさ(笑)

全国のゲーマーたちは、

「1-1にクリボーもノコノコも出現しないTVゲーム」に、

一体、どんな魅力を感じると思う?


倒す必要もないクリボーを倒すために、

わざわざ2万円も払ってゲーム装置を買い、

ゲームのスイッチを入れたヤツらは、

みーーーーーーーーんな、「バックパッカー予備軍」なんだよ♪

そういう少年少女たちは、

「ひげマリオ」たちとのスリリングな交渉を、「楽しい」と感じられるユーモア精神を、

持ち併せているハズさ!



『導かれし者たち』

最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page