top of page

エピソード10 『ギャル進化論』

エピソード10

すると、今度は、

振る舞いや言葉遣いも、おしとやかになってくる。


フシギなものだ!

あれだけ、親に言葉遣いを指摘されても、

治る気配が無かったというのに、

服装が変わると、服装に見合った言動を、選ぶようになる。


ギャル時代の友人から電話が掛かってくると、

ギャル口調に、戻っちゃうけど(笑)

親が、田舎の実家から電話が来たときだけ、

方言丸出しになってしまう気持ちが、わかった!



うん。

色んなことが、解ってきた。


世界を、冷静に眺められるようになってきた。


そして、

人に騙されなくなってきた。

男にも、商売人にも。

テレビのCMを見てても、胡散臭く感じるようになってきた。



どうやら、

芸術の趣味を持つことは、人の性格を変えてくれる。

人を大人にして、人を成熟させてくれる。

誰にお説教されなくても、勝手に、変わっていく。


そして、

カメラというのが、最もとっつきやすい芸術であるようだよ♪


『ギャル進化論』

最新記事

すべて表示

エピソード200 『天空の城』

エピソード200 マスタードラゴンは天空城の2階のテラスへと着陸する。 着陸と同時に楽団は、勇ましいセレブレーションを奏ではじめた。そして天空城の住民たちが祝福に出てくる。 わー!パチパチ! れいさん、ばんざーい! デイジーさん、ばんざーい! マ「宴は後だ。先に少し話をしよう」 王の間へと移る。 マ「さて、二人を讃える言葉を送る者として、精霊ルビスと私と、どちらがよいだろうか?そなたらが望むなら女

エピソード199 『天空の城』

エピソード199 れ「一か八か・・・ 食らえ!とっておきの極大魔法!! 《ベホマ》!!!」 れいは両の手に回復のエネルギーを膨張させると、それを乱暴にクシャトリアに投げつけた!! ジュワ――――!!! すさまじい奇妙な音を立てて、クシャトリアの体が溶けていく!奇妙な煙を上げる! ク「お・ぉ・ぉ・ぉ・ぉ!」 デ「効いてるぞ・・・!」 れ「《ベホマ》!《ベホマ》!!」 そのとき、れいの体がほのかに青白

Commentaires


bottom of page