top of page

エピソード11『虚像のバンドマン』 

エピソード11

少しは、俺の話もしようと思う。


俺は本当は、

バンドを解体して、

フミユキと2人で音楽をやりたいんだよ。

5年くらい前からそう思ってるけど、

結局俺も、ダラダラと、なぁなぁを続けている。


そうなったら、

俺も多分、打ち込みを活用するだろう。

ただ、

ライブをするときは、

ドラムを入れずに、フミユキと2人で演るか、

または、軽いパーカッションを入れると思う。

カホーン辺りだろう。



それで、

インディーズ志向で行く。

メジャーから誘いがあっても、断る。

「メジャーから誘いを貰った」という肩書きで、

インディーズに売り込む。

そのほうが、賢い気がする。


インディーズでも、

10万枚売ったり、テレビに出たりすることは、可能だ。

バンプなんか、そういう流れのバンドだった気がする。


…まぁ、別に、

テレビに出たいという欲求は、無い。

俺らの「楽曲」は、テレビなりなんなり、表舞台に出したいが。

金持ちになりたいとも、思わない。

月収25万あれば、嫁とのんびり暮らせるだろうから。


『虚像のバンドマン』

最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page