top of page

エピソード14 『マイウェイ -迷路の町のカロリーナ-』

嵐だわ!

眼前に、真っ黒い雷雲がさし迫っている!向こうは雨が降ってるわ!


私は操舵室に駆け戻った。

「ルチアーノ!やっぱり舵を代わって!」

しかしルチアーノは、応じない。

「大丈夫だよ。まっすぐ行けって人魚は言ってるよ。」

「変わりなさい!」

私がルチアーノを押すと、ルチアーノも私を押し返してきた。

普段ならおしくらまんじゅうで負けたりしないんだけど、

あらぬタイミングで、船が大きくグラっと揺れた!

私はバランスを崩し、倒れ、そのひょうしに頭を打って…





私が意識を取り戻したとき、

私は、見慣れない漁船の上に居たわ。

…あれ?これはどこ?ウチの船じゃないみたいだけど…

「気がついた?」

目の前にいたのは、あの男の子だった!

船上で練習する私たちのことを、ときどき見つめてた、あの男の子。

「あなたは!?」

「シっ。動かないで。頭を打ってるんだから、安静にしなくちゃ。

 僕はマカリオス。セントニールの人間だよ。君を助けた。」

「そうだわ!パパは?ルチアーノは!?」

「あいにくだけど…」


今日の早朝、

マカリオスは、私たちの海賊船が珍しく沖に出ていくのを見つけて、

不思議に思ったらしいの。

天気の悪化も知ってたし、不吉な予感を感じた彼は、

お父さんに無断で家の漁船を出し、私たちを追いかけてきたのね。

そして、

嵐の中、岩礁に打ち付けて大破する、私たちの船を目撃した。

助けられたのは、私だけだった、というわけ。

パパとルチアーノは…

人魚の国に行ってしまったんだわ。


そうよ!

そういえば、人魚って、船を沈めるのよ!

ロマンチックな生き物だけど、でも残酷で怖い存在だわ!

「あぁ…私があのとき、

 『人魚の国でも行くの?』なんてバカなことを言わなければ、

 パパは船に『マーメイドの国へ』なんて名付けなかったのに…」

私がそうつぶやくと、マカリオスが下を向きながら言ったわ。

「人生には、正しいも間違いも無いんだ。」

「え!?

「マーメイドって言葉を思いついたんだろ?それならそう口にすれば良いんだ。」

「…あなた…!?」


マカリオスはゆっくりと、とてもゆっくりと言ったわ。

「キミが家族を失って、悲しみのどん底にいるのはわかるよ。

 でも、深呼吸すべきさ。

 1回で足りないなら、何回でもすべきさ。

 

 本来、死っていうのは、悲しいことじゃないはずさ。

 神父さんが言ってたよ。キミだって、聞いたことあるだろ?

 人生の中でやることが終わったなら、天使がおむかえに来るんだよ。

 マーメイドかもしれないさ。ここは漁村だからね。

 そうじゃないかもしれないよ?

 死には、突発的な、不慮の事故だってある。そうだよね。

 でも、キミの家族の死は、どうだろう?どっちだろう?」

「………………。」

私は、考えてみたわ。

まずは深呼吸して、もう1回深呼吸して、心を落ち着けて、

それで、マカリオスの言うことを、考えてみた。



『マイウェイ -迷路の町のカロリーナ-』

最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page