top of page

エピソード15 『トトロの森のけもの道』

エピソード15

僕らが歌や雑談に夢中になっていると、

急に、辺りが真っ暗になった!!

終電が終わり、駅が閉じたんだ!


僕ら、それを合図に、

路上ライブをお開きにした。

ヤンキーたちも、帰っていったよ。



…さて困った!

「聞き込み調査」に付き合ってくれるヒトが、

居なくなってしまった!!


もう、この時間だと、

駅前に限らず、町に人は居ない…


ハルオが、たまにはイイ事を言った!

「駅前なら、交番くらい、あるんじゃね?」


「おぉ、それだ♪

 お巡りさんに聞いてみよう!」


「えぇー?

 交番に行くのかぁ…」


「オマエが今、言ったんじゃねぇかよっ!!」


「だってオレ、

 お巡りさんって、好きじゃねぇんだもん…」


「そりゃ、

 ハルオの日ごろの行いが、悪りぃからだよ!」


「まぁ、そうなんだけどさぁ…」

認めちゃうのかよっ!



…そいうワケで、

嫌がるハルオを引きずって、交番を探し、ドアをくぐった。


『トトロの森のけもの道』

最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page