top of page

エピソード16 『イーストエンドは西の果てⅡ』

エピソード16

パート練習は、

夕方頃に、一回お開きになっちゃった。


驚いたことに、

次は、夜中の1時に公園に集合するらしい!


「それまでは、

 他のことをして過ごしていなよ♪

 音楽ばかりが人生じゃないからね♪」

ミルルは、優しくウインクしながら言った。


そういうミルルは、

自転車にまたがって、どこかに行っちゃった。

いっつも自転車に乗ってるらしいよ。

「健康に良いんだ♪」って、言ってた。



ボクは、

リーザの背中に乗って、一旦家まで戻った。

夜中まで、一眠りしておくことにした。

夜中の1時近くになると、

ボクはまた、リーザを呼んで、

イタリア地方まで連れていってもらった。


リーザは、少し離れた場所から、演奏を見学するらしかった。

「リーザも、一緒にやる?」って訪ねたら、

「私はもう、飽きるほど音楽をやったわ♪」

って、笑ってた。

竜の存在たちは、

人間の姿のイキモノよりも、ずーーーっと経験豊富だからね!!



今度は、パート練習のときよりも、ずーーーっと人数が多かった!

100人くらいは居たと思う。


それでもやっぱり、ボクは、

指揮者に一番近い場所に、イスをあてがわれてしまった!


本来は、

指揮者に一番近い場所は、弦楽器が座るんだけど、

今日は、弦楽器と木管楽器が、場所をチェンジすることになったみたい。



そして、練習曲は、

やっぱり、「くるみ割人形」だった。


レイミーも、やっぱり、

ミルルと同じことを言ったよ。

「ベーの音だけ、好きなように吹いてごらん♪

 周りの音に耳を傾けながら、リズムを考えてごらん♪」

たった、それだけ…


曲のアタマは、

さっき練習したコーダと、同じような感じだった。

だから、同じように、すぐに吹けた♪


でも、

曲が進んでいくと、

ぜんぜん違うメロディになってしまった!


何度聴いても、何度吹いても、

上手く調和させることが、出来なかった…


演奏を汚くするのはイヤだから、

その特殊なメロディの部分は、吹かないことにしてみた。


「正解!

 キミ、なかなか賢いなぁ♪

 ベーの音をどんなふうに吹いても、

 上手く調和しないことが、解ったんだね?


 正解正解!

 その通りだよアミーゴ!

 この曲は、途中で「調」が変わるんだなぁ。


 だから、

 上手く調和しないと解ったなら、

 『休符を奏でる』っていうことも、大切なんだよね♪


 『休符を奏でる』っていうのは、

 『何もしない』っていうのとは、違うよ?

 サルサ踊ってる場合じゃ無いし、居眠りしてる場合じゃ無い。

 みんなの演奏にカラダを乗せながら、耳をすませて、待機してるのさ♪


 『休符の演奏』が上手くなった演奏家は、

 まぁ、免許皆伝ってヤツだね♪

 『休符の演奏』は、

 ピアニッシッシモを吹くより、7連符を吹くより、難しいのさ!

 アミーゴ!キミはセンスがあるよ♪」


「へー!!そうなの!?」

レイミーは、根が陽気だから、ボクをおだててくれたのかと思った。

でも、そうじゃなかった。

ミルルも、リーザも、他の奏者も、

同じような褒めコトバを、ボクに浴びせてくれた。

「絵画を通して、

 芸術的感性を磨いてきたからだろう」

みんな、同じコトバを、添えていた。



ボクは、音楽がとても新鮮だった!

絵画も同じ芸術だけど、

絵画っていうのは、一人でやるものさ。

一人で、マイペースに、自分勝手にやるものさ。

ボクは、他人とツルむのがあまり好きじゃないし、

他人に合わせるっていうのも、あまり好きじゃなかった。

だから、絵画っていうのは、都合が良かった。


でも、音楽をやるなら、

そんなワガママなことは、言ってられない…

でもでも、

みんなに合わせて音を奏でたり、

みんなを立てるために吹くのを休んだりするのは、

ぜんぜん窮屈じゃなかった!

優しいキモチになれた!

楽しかった!



音楽を奏でるっていうのは、

みんなで大きなお屋敷を建てるみたいだと思った。

目に見えないお屋敷だよ。

住めないお屋敷だよ。


誰も、

音楽の中に住むことが出来ないけれど、

音楽は、みんなの心の中に、住むことが出来る…


僕らは、お屋敷を組み立てたハズなのに、

お屋敷が、僕らの心に住んでいる…



音楽って、フシギなんだ。

霊能力より、ずーーーっとフシギだよ。

オーラや天使は、

密度が低いだけで、実際に、そこに存在してる物体だよ。

でも、音楽って、カタチが無い。

そこにあるのに、どこにも無い!!


「音楽の魅力に気付いたヒトは、天才なのよ♪」 

って、リーザが言ってた。

絵画や写真も素晴らしいけど、

音楽は、もう一回り素晴らしいんだって♪



演奏は、3時頃まで続けられた。

いつもより早く、お開きになった。

ボクの体力や集中力を、配慮してくれたんだって。

他の仲間たちは、

個人練習やパート練習を、続けていたみたいだけど。



「ねぇ?

 どうして、真夜中に練習したり、するの?」

ボクは、レイミーに訪ねた。


「あれ?アミーゴ、知らないのかい?

 真夜中ってのは、芸術活動に打ってつけの時間さ♪

 潜在意識への扉が、開かれるからね♪

 ラブレター書くにも、絵を描くにも、音楽するにも、

 真夜中にやるほうが、ずーっと上手くいくよ♪」


…確かに、

ボクも、家に居るときは、

真夜中に突然、絵を描きたくなることが、多かった。

真夜中に描くときは、

普段は思いつきもしないようなアイデアが、

バンバン浮かんで来た。

だから、真夜中に描くのは、好きだった。

音楽も、同じなのかぁ。



「それにしても、

 どうして、公園なんかでやるの?

 他の住民は寝てる時間だよ?迷惑じゃない?」


「フフフ♪

 メキシカン・ロックでもやるなら、確かに、昼間のほうが良いさ!

 でも、クラシックをやるなら、

 近所の住民のためにも、夜のほうが良いのさ♪」


「えー!?

 みんなを起こして、絵でも描かせるつもり!?」


「その逆だよアミーゴ!

 みんなを快眠させるためさ♪

 クラシック音楽は、安眠作用があるんだよ♪

 キミが吹きまくってた「ベー」の音は、

 子守唄のような作用を持っているのさ♪


 だから、

 この公園でクラシックを奏でていると、

 近所の住民は、安らかに眠ることが出来るんだよ♪」


「へぇー!!知らなかった…」

キミ、落胆するかもしれないけど、

5次元文明に住んでるヒトたちにも、

知らないことって、いっぱいあるんだよ。



「でもさ?

 公園だと、雨が降ったら練習出来ないよ?」


「そうさ♪」


「それで良いの?」


「良いさ♪

 いいかいアミーゴ?

 宇宙には、リズムってモノがあるんだよ♪

 宇宙のリズムには、だーれも、勝てないさ。

 だから、大人しく従っておいたほうが良い。

 身を委ねておいたほうが、良い。


 雨が降ったら、

 『あ、今日は休んだほうが良い日なんだ!』って気付いて、

 のんびり、お休みすれば良いのさ♪

 僕らのクラシックがなくとも、

 雨音が子守唄となって、住民たちも眠れるよ♪」


「じゃぁ、雨のときは、

 ボクら、どうすれば良いの?」


「雨のときっていうのは、

 太陽からのエネルギーが届かないから、どうにもチカラが出ない。

 そういう時は、

 脳や肉体を使わない方法で、時間を過ごせば良いのさ♪

 テレビゲームするとか、マンガ読むとか、

 恋人とイチャイチャするとか、さ?」


これは、

キミら地上世界の人々にも、当てはまるんだよ?

キミらは、

雨だろうが雷だろうが、毎日学校や会社に通うでしょ?

あんなルールは、止めたほうが良いのさ。

「人間のルール」に従って暮らすんじゃなくて、

「宇宙のルール」に身を委ねて、のんびり暮らすのさ♪


『イーストエンドは西の果てⅡ』

最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page