top of page

エピソード18 『リストラ後の7回裏で…』

エピソード18

次は、木工細工が始まりました。

これは、

妻・翔子に教えてもらうという形では、ありません。

妻・翔子もまた、木工細工は初挑戦でした。

雑木林から、大小様々な枝や丸太を拾ってきて、

様々な物に加工するのです。


まずは、食器を作ってみました。

一番簡単なのは、箸でした。

25センチ程度の真っ直ぐな細枝を、

箸のような形に、小刀で削っていきます。

小さい頃に、同じようなことをやったのを思い出しました。

娘たちは、

学校で使った彫刻刀のセットを引張り出してきて、

トーテムポール宜しく、独創的な彫刻を施していました。

やや食べにくそうではありましたが、

飽きるまでは、それを使って食べ続けていました。


彫刻刀があることが判明したので、幅が広がりました!

弁当箱くらいの大きさの角材を、削りに削って、

シチューなどがよそげる深皿を作りました。

紙ヤスリで磨いてマツヤニを塗ると、

思いのほか、上等な物が出来上がりました。


キッチンの食器や道具は、

次から次へと、木製のそれに切り替わっていきました。

イギリスの田舎町のような雰囲気に、なってきました。

カントリー調というやつでしょうか。



リビングの椅子は、切り株にすり替わってしまいました。

クッションを表面に敷けば、お尻も痛くはありませんでした。

来年の今頃は、テーブルもお手製に切り替わりそうです。


傘立てやら、ゴミ箱やら、

家具も、次々と木製に切り替わっていきました。

やはり、ログハウスには木製品が似合いました。


『リストラ後の7回裏で…』

最新記事

すべて表示

小説の書き方は?

「どのように小説を書いているのか?」というご質問を複数いただいたので、まとめて書いてみたいと思います。 率直に言って、あまり他者さんの参考にはならないと思います^^; 独学。小説について何も学んでいないです。 まず、私にとって小説・ライトノベルは、まったくの独学です。何のスクールも講座も、ハウツー本すらも読んでいないです。 とはいえ、情報サイトの記事を書くためのハウツー本は少し読んでいます。また、

小説『トランク1つで生きていく』もくじ

小説『トランク1つで生きていく』のもくじのページです。 ここを基点に読んでいってください^^ 『トランク1つで生きていく』まえがき エピソード1 『トランク1つで生きていく』 エピソード2 『トランク1つで生きていく』 エピソード3 『トランク1つで生きていく』 エピソード4 『トランク1つで生きていく』 エピソード5 『トランク1つで生きていく』 エピソード6 『トランク1つで生きていく』 エピ

エピソード5 『かのんのノクターン』

エピソード5 かのんの実力は、学校の中では並だった。 しかし、その無垢さ従順さは、生徒たちの中でも際立った。 そのような「人柄部分」を気に入った、ジャズ理論の教師が、 かのんに、ちょっとした仕事を回すことになった。 府中の児童福祉施設で、ピアノ・リサイタルをすることになったのだ。 それは、館長の還暦を祝うパーティの、余興だった。 かのんにとって、初めての「仕事」であり、 無関係な人々の前での演奏だ

Comentários


bottom of page