top of page

エピソード18 『真理の森へ』

エピソード18

車道に戻ると、車は再び飛ばしました。

やがて、プルッキラという町に到着したようでした。

ここには、アンティの実家があるのです。


アンティの実家は、ふるい木造の家でした。

しかし、外観は優しいクリーム色で、古くても洒落ています。

この日はちょうど、そのクリーム色を塗りなおしているところでした。


ペンキ塗りにはげんでいるお父さんを見つけるや、

アンティもカティも、それを手伝いはじめてしまいました。

私は車移動にやや疲れていて、ソファでお茶でも飲みたかったのだけど、

ペンキ塗りを手伝っているうちに、そんな疲労感も忘れ去ってしまうのでした。

やがて、お母さんがコーヒーと焼きたてクッキーを持ってきてくれて、

表の手すりをテーブル代わりに、ナチュラルなティーパーティが始まりました。


お父さんもお母さんも、70歳くらいです。

お土産屋で見かけたドワーフ人形みたいな顔をしています。

ずんぐりしていて愛くるしいのです。

お父さんは鼻頭が赤く、ヨッパライみたいで笑ってしまいした。



そしてまた、日曜大工が再開します。

アンティは裏から脚立を持ってきて、2階の壁を塗っています。

大変じゃないのかなぁと、不安げに眺めていると、

どうもアンティ、鼻歌なんか歌っています!

「大変じゃないよ?楽しいさ♪

 フィンランドの男たちは、日曜大工が好きなんだよ。たいていね。

 ユスキュラのあのマンションだって、オンボロの状態で買ってきて、

 カティと二人でリフォームしたんだ。」

そういえば、建物自体はかなり年代物ぽかったな。

「ワシだって手伝ったんだぞ!」

と、お父さんもアピールしています。

「家をイチから建てちゃう人も多いよ?

 やりがいあるからね!人件費を節約できるしさ。

 1年も2年も掛かっちゃうから、途中でウンザリしてくるけど、

 それでも楽しいよ。

 何にせよ、自分でやりたがるんだ。フィンランド人ってのはさ。」

アンティは、子供みたいにイキイキしています。本当に楽しいのでしょう。

そしてこれもまた、生活費を節約する生活の知恵でもあるらしいです。


『真理の森へ』

最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page