top of page

エピソード18 『首長の村の掟 -真実の物語-』

象にまたがる一行は、シャン族の村に到着した。


…ここの光景を、ほとんど思い出せない。

ハデな民族では、無かったのだろうと思う。



東屋のようなところで、

みんなでテーブルを囲んで、昼食を取ったのは、覚えている。

村で食事をしたというよりも、

トレッキング・ツアー客たちのために、

村の近くに、幾つもの簡易食堂が設けられていたといった按配だろう。

あとは、やたらとネコが多かったような記憶がある。


僕は、こんなところにまでも、ギターを背負って来ていたので、

すぐに、一行の中心人物となってしまった。

それは概ね、都合の良いことが多かった。

色々と、日本について質問されたけれど、

みんなの英語が早口で、答えるのが大変だった!

でも、楽しい会食だった♪


ベルギー人のカップルが、

みんなの難解な英語を、シンプルな英語に訳してくれて、

ずいぶんと、助けられた。

ダニエルとティナ…だったかなぁ。



会食の後も、

この2人とは、よく話した。

ティナが、中心に喋ってくれていた。


ティナたちベルギー人は、

たいてい、4ヶ国語くらい、操るらしい!

英語と、フランス語と、ベルギー語と、オランダ語か。

フランスとオランダは、ベルギーに隣接しているので、交流が盛んなため、

必要度が高く、自然と覚えていくらしい。

そして、英語は学校で習う。

それにしたって、4ヶ国語を使いこなすというのは、

日本人からすると、考えられない離れ業だ!


ティナは、説明してくれた。

欧米各国の言葉は、英語から派生しているものが多いので、

1つマスターしていれば、応用が利きやすいのだ。

似たような綴りや、似たような発音の単語も多いし、

そうでなくても、26アルファベットを使うことには、変わりない。


対して、

日本語というのは、英語とは掛け離れている。

これを公用語にしていれば、他の言語に苦戦するのは、当然なのだ(笑)


僕は、英語以外の言語について、ほとんど無知であったから、

ティナの話を聞いて、ずいぶん感心してしまった。

「ベルギー人は4ヶ国語操るんだから、日本人も頑張れよ!」

なんていう、数の理論は、通らないのだ。


英語圏のティナたちからしてみると、

日本語なんて、難解過ぎて、さっぱり覚える気にはなれないらしい(笑)



かと言って、

お隣韓国人は、総じて、日本人よりも、英語が堪能である。

少なくとも、海外を旅しているのに英語がカタコト…なんて韓国人は、

1人たりとも、見たことが無い!

パックツアーの参加者には、居るだろうけど、

個人旅行をするような人たちは、ほぼ全員、流暢に英語を操るだろう。


韓国人旅行者たちは、

お隣日本人が、英語が得意じゃないことを、よくご存知である。

そして、同じアジア人のよしみであるからか、

僕らが言語で躓いていると、しょっちゅう、助けてくれる!!

彼らは、何かと、日本人を助けてくれる!!


近年、日本人は、

韓国人へ、敵対心を募らせる人が、多い。

しかし、

1週間でも海外を旅してみれば、

そんな敵対心は、一瞬で吹き飛んでしまうだろう!

ニュースで何を噂していたって、

自分が直接助けてもらった国の人を、悪く思ったりは、しないさ!



結局、

広く世界に飛び出す人たちほど、多くの民族を愛している♪


対して、

狭い世界で生きている人たちほど、排他的で、恐れおののいている…。

韓国人や中国人を、批判・攻撃している人たちは、

自分の見聞の狭さを、ひけらかしているようなものだ(笑)

そして、更に見聞の狭い人たちだけが、

彼らの批判や攻撃を、真に受けている(笑)



他国民に敵対する心は、

「無知の現われ」としか、言いようが無いよ。

メディアや政府に、簡単に操作されてしまうだろう。

テレビは、真実など、流してはいない。


相手が誰であれ、何をしたのであれ、

敵対し、噛み付く人間というのは、自分が幼いのだ。

弱い犬ほど、なんとやら。



大きな犬は、何があっても動じない。

そして、

ネコであれヒヨコであれ、

自分の腕の中で、温めてやる♪


あなたは、まだこれからも、

あーだこーだと難癖を付けて、キャンキャン吠え続けるのだろうか?


『首長の村の掟 -真実の物語-』

最新記事

すべて表示

エピソード200 『天空の城』

エピソード200 マスタードラゴンは天空城の2階のテラスへと着陸する。 着陸と同時に楽団は、勇ましいセレブレーションを奏ではじめた。そして天空城の住民たちが祝福に出てくる。 わー!パチパチ! れいさん、ばんざーい! デイジーさん、ばんざーい! マ「宴は後だ。先に少し話をしよう」 王の間へと移る。 マ「さて、二人を讃える言葉を送る者として、精霊ルビスと私と、どちらがよいだろうか?そなたらが望むなら女

エピソード199 『天空の城』

エピソード199 れ「一か八か・・・ 食らえ!とっておきの極大魔法!! 《ベホマ》!!!」 れいは両の手に回復のエネルギーを膨張させると、それを乱暴にクシャトリアに投げつけた!! ジュワ――――!!! すさまじい奇妙な音を立てて、クシャトリアの体が溶けていく!奇妙な煙を上げる! ク「お・ぉ・ぉ・ぉ・ぉ!」 デ「効いてるぞ・・・!」 れ「《ベホマ》!《ベホマ》!!」 そのとき、れいの体がほのかに青白

Comments


bottom of page