top of page

エピソード19 『イエスの子らよ』

「恋愛ねぇ…」

今日は穀物倉庫で、

おばあ様に聞こえるように、ほおづえついてつぶやいた。

「ほっほっほ。

 マリアンヌも、恋に恋するお年頃かえ?」

「恋ってものに興味があったわ。この修道院に来るまでは。

 でも、エルサやサラの話を聞いてると、

 なんだか恋って大変なのかなって、思えてきちゃったわ。」

「まぁ、大変というのも間違っていないが、魅惑的なものでもある。」

「おばあ様、恋を知ってるの?」

「おーほっほ!バカにしてくれるな!

 大恋愛の1つや2つ、ワシにも身に覚えがあるわい。」

「おばあ様もサラみたいに、秘密の恋、しちゃったわけ?」

「そうではない。

 ワシは青春時代には、修道院にはおらんかったでな。

 恋の甘いも酸いも体験し、パリの甘いも酸いも体験し、

 それから修道院に来た。」

「そういうの、アリなの!?」私は何も知らないのよ。

「むしろ、たいていのシスターはそうであろう。

 幼いうちから預けられたとしても、16~7でいったん外界に出るじゃろう。

 再び戻ってくる者もおる。戻ってこん者もおる。」

「そうだったの!ずーっと出られないのかと思っていたわ!」

「おぬし、母親から何も聞かされておらんのか?」

「小言ばっかり言うけど、かんじんなことは何にも教えてくれないの。」

エルサがお手洗いから戻ってきたから、この話は打ち切ったわ。

なんとなく、恋の話をエルサに聞かれたくなくって。


私は、話題を変えた。

「そういえば、

 この小麦袋って、誰が買ってくるの?

 小麦袋にかぎらないわ。修道院のものって、誰が買ってくるの?」

「たいていの物は、修道女たちが手作りする。

 農作物をも自給する修道院もあるが、ここは土地が悪いゆえ、買ってくる。」

「でも、外出って禁止でしょ?」

「修道士たちが買出しに行く。

 表の礼拝堂まで運んでくれれば、あとはシスターたちでどうにでもなる。」

「お金は?そもそも、この修道院は誰が建てたの?」

「昔々な、ある貴族が、私財を投げ打って建ててくれたらしい。

 修道院というのは、たいていそうじゃよ。

 サラやイエス・キリスト様と同じじゃ。

 天使様に指示され、身を切る思いでご奉仕なさったんじゃろう。」

「ありがたい人がいるのね。

 ふだんの小麦や野菜も、その人がお金を出してくれているの?」

「その貴族はもう亡くなられた。遠い昔のお方だと言ったじゃろが。

 生活費に関しては、シスターたちの手作り品を売って、まかなっておる。」

「あなた、ホントに何にも知らないのね!?」エルサはあきれかえってる。

「ホントに何にも知らないのよ。私。」



『イエスの子らよ』

最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page