top of page

エピソード1 『オーボエにまつわるエトセトラ』

エピソード1

私が、オーボエという楽器に興味を持ったのは、

NHKの長寿番組である、「小さな旅」がキッカケだ。

この番組の主題歌で、

オーボエが、とても哀愁に満ちた音色を、奏でていたからだった。



それは、

小学生にも上がる前のことだったと思う。

私の母親は、昔から、

NHKばかり見ていたから、

日曜の朝は、毎週毎週、

無意識的に、その切ない旋律を耳にしていた。


私は、

世界中の誰もが、このオーボエという楽器の音色に、

特別な哀愁を感じるものだと、勝手に、思い込んでいた。

それくらい、強烈なイメージを、持っていた。


母親に、

「ねぇ、あの曲のあの楽器、ナニ?」

と尋ねても、

「は?何のことなの?」

と、全く要領を得ない…

父親や、学校の友人、果ては、担任にまで、

「ねぇ、『小さな旅』の主題歌の、あの楽器、なぁに?」

と尋ねたのだけれど、誰一人として、

「あー!あれ、イイよねぇ♪」

などと解ってくれるヒトは、居なかった…



私は、小学校4年生になって、

吹奏楽部の仮入部に赴いたとき、

夢中で、あの楽器の音色を探した。

金管も木管もわからなかったから、

とにかく、しらみつぶしに、様々な楽器の先輩に、音を聞かせてもらった。


オーボエのサヤカ先輩の音色を聴いたとき、

「あ!コレ!!

 …のようで、なんか違うような…??」


「ニアピン賞」といったカンジではあったけれど、

きっと、一番手掛かりを多く持っている楽器だろうし、

サヤカ先輩とやらの、すっとぼけた雰囲気が可愛らしくて、

私は、吹奏楽部のオーボエ奏者になることを、決めたのだった。



…サヤカ先輩は、一体、

私よりも後輩なんじゃないかってくらい、

おっとりしていて、危なっかしいヒトだった。

もう、5年生なハズなのだけれど、

2年生くらいな知能で、精一杯というカンジがする…



それなのに、

音楽の譜面は、難しいモノでも、スラスラ読んだ!!


オーボエは、ソロ楽器の一種だから、

複雑な、歯抜けの8分3連とか、5連符とか、

小学生の取り組む曲でさえも、出てくることが、ある。


…サヤカ先輩に限らず、音楽をやる人たちというのは、

「音楽に限定して働く脳みそ」

みたいなモノを、コッソリ持っている気がする…。

だから、

音楽に携わっていると、

「5教科で良い点数を取るだけが、秀才ではナイのだな」

という価値観が、自然と、身に付いてしまう。

音楽愛好家で、学歴崇拝の強いヒトなど、

ほとんど、居ないことだろう。



…すると、必然的に、

音楽愛好家たちは、「感性」という曖昧な長所を、

尊重・肯定出来るヒトたちなので、

一緒に居ると、とても、安心する♪


学歴や収入のハナシばかりするヒトたちは、

一緒に居ると、とても疲れてしまう…



「吹奏楽部」という環境は、

小、中、高、大、通じて、

ある種の「避難所」みたいな便利さが、あった。

とりあえず、そこに駆け込んでさえおけば、

ココロ穏やかに接せられる仲間が、すぐに、作れるのだ。


…そういうワケで、

私は、自然と、

大学までずーっと、オーボエを吹き続けた。


『オーボエにまつわるエトセトラ』

最新記事

すべて表示

エピソード200 『天空の城』

エピソード200 マスタードラゴンは天空城の2階のテラスへと着陸する。 着陸と同時に楽団は、勇ましいセレブレーションを奏ではじめた。そして天空城の住民たちが祝福に出てくる。 わー!パチパチ! れいさん、ばんざーい! デイジーさん、ばんざーい! マ「宴は後だ。先に少し話をしよう」 王の間へと移る。 マ「さて、二人を讃える言葉を送る者として、精霊ルビスと私と、どちらがよいだろうか?そなたらが望むなら女

エピソード199 『天空の城』

エピソード199 れ「一か八か・・・ 食らえ!とっておきの極大魔法!! 《ベホマ》!!!」 れいは両の手に回復のエネルギーを膨張させると、それを乱暴にクシャトリアに投げつけた!! ジュワ――――!!! すさまじい奇妙な音を立てて、クシャトリアの体が溶けていく!奇妙な煙を上げる! ク「お・ぉ・ぉ・ぉ・ぉ!」 デ「効いてるぞ・・・!」 れ「《ベホマ》!《ベホマ》!!」 そのとき、れいの体がほのかに青白

Kommentare


bottom of page