top of page

エピソード1 『クラシックの革命児』

エピソード1

「ねぇ、来週の日曜日、

 無料のクラシック・コンサートがあるんだけど、行かない?」


ミサが、そう誘い掛けてきた。



ミサは、ボクの彼女だ。

我ながら、素晴らしい彼女だと思う。


可愛らしく、オシャレさんでもあるけど、

クラシックを愛する気品がある。



こういう、ギャップというか二面性のある女の子は、

とても魅力的だ!



でも、

こういう魅力というのは、一夜漬けで培えるモンじゃない。

幼い頃からの積み重ねだよ。

みんなが買い食いして、万引きして、プリクラ撮ってる時間に、

必死にフルートを吹いてたから、今があるんだもの。



ボクとミサは、大学時代の同級生だ。

吹奏楽部で知り合ったのだ。


学生時代を共に過ごしていると、

相手の情けない部分を、イヤでも垣間見ることになるから、

同棲とかしなくても、相手の人間性がよく解る。


…まぁ、同棲にはちょっと興味があるけれど。

結婚はしなくてもイイけれど、

同棲しながら、つつがなく暮らしていきたいとは思う。


『クラシックの革命児』

最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page