top of page

エピソード1 『マイウェイ -迷路の町のカロリーナ-』

プロローグ






「あなたのお住まいはどこ?」そう尋ねられたとき、

私はいつだって、こう答えるわ。

「私は、迷路に住んでいます♪」


ウソつくな!ですって?

ウソなもんですか!ホントのことよ。

私は、迷路に住んでるわ。迷路の町に住んでるの。





エピソード1


ピュルリルー!


水路の町に、高らかな口笛が鳴り響いた。

「あ、パパだわ!

 もぉ、宿題始めたばっかりだっていうのに!」

私はノートとペンをほっぽり出して、

ダイニングテーブルのバスケットをつかむと、一目散で外に出る。

「間に合ったー!」今日もセーフ。毎日セーフ。かけっこ速いんだから♪

私は、家の前の、橋の真ん中まで駆けていって、

取り付けたフックに、バスケットを引っ掛ける。

渡し舟が近づくタイミングを見計らって、

急いで、でも慎重に、するするとバスケットを下ろす。

「ナイスキャッチ!」

パパは、舟の上で、

サーカスのピエロみたいに大げさな手振りで、

私の下ろしたバスケットを、キャッチ!

渡し舟のお客さんたちは、拍手かっさいで大喜び。

「グラッツェ、カロリーナ!愛してるよ!」

パパは今度は、オペラ俳優みたいに大げさな身振りで、私におじぎする。

私もおどけて、スカートのすそをつまみ、

レディふうのおじぎで、それに応える。

パパが1つ目のパニーニをほおばるのを見届けて、

私は家の中へと、戻る。

「ふぅ。今日もお仕事完了♪」


わかっていただけたかしら?

コレだけのヒントじゃ、わかんないかなぁ。

私が住んでいるのは、

イタリアのヴェネチカ。「水の都」と呼ばれる町よ。

聞いたことない?見たことない?

すみずみまで水路が張りめぐられた、迷路みたいなヴェネチカのこと。


私のパパは、

その水路で舟のタクシーをやっているの。渡し舟っていうやつ。

パパは、小さいころから、自分でイカダを造ってこの水路を探検してたから、

陸の道より水路の道のほうが便利だってこと、気づいちゃったの。

それで、大人になったら大きな大きな渡し舟を作って、

水上タクシーをはじめちゃったの。

私のパパが、この町で一番最初に、タクシーやったのよ?

それで私が、パパにお弁当を届ける当番なの。

ママ?ママは死んじゃったわ。だから私がやるの。

昔はね、宿題のジャマされることなんて無かったわ。

いつも決まった時間に通っていたから。

列車みたいに、決まった時間に決まったコースを走っていたの。

でもだんだん、お客さんの数が増えてきて、ライバルの数も増えてきて、

それで毎日デタラメな時間になっちゃった。

だから私は、宿題をしててもおままごとをしてても、気が気じゃないわ!

パパの口笛が聞こえたら、10秒で橋まで行かなくちゃならないんだから。


ホントは私、もうバスケット係やらなくてもいいのよ?

なんでかっていうと、パパが決めたルールなの。

「バスケット係は12歳まで」ってね。

私もう13歳だから、卒業してるはずなの。

でも、弟のルチアーノは、引き継がないの。引き継げないのよ。

あの子、泣き虫で弱虫だから、10秒で橋まで行くことできないの。

愛想もよくないし。それどころか、ロクにおしゃべりできないわ。頭がちょっとヘンなのかも。

だから今でも、私がやってるの。

そればっかりじゃないわ。

キアラだって、12歳まで続けなかったんだから。私のお姉ちゃん。

キアラは泣き虫でも弱虫でもないけど、

「バカみたい!」って言って10歳でやめちゃったの。

だから私一人、ずーっと続けてるの。もう6年目よ。



『マイウェイ -迷路の町のカロリーナ-』

最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page