top of page

エピソード2『ヒミツの図書館お姉さん♪』

人々は、

「世の中というのは、規則でがんじがらめだ」

と、思い込んでいる。

けれども、

どの業界においても、

必ず、「抜け道」といったものが、隠されているのだ!


「ブラック・ジャック」という、

手塚治虫の作品を、ご存知だろうか?

いや、私はよく存じていないのだけど(笑)

無免許の天才医師が活躍する話では、あるらしい。

普通、無免許の人間が医療行為を行うと、法律で罰せられる。

けれども、

何かの条件がニーズと一致するなら、

彼には活躍の場が与えられ、喜ばれる可能性が、あるのだ!


手塚治虫という作家は、

…私は、あまり好きでは無いのだけれど…

「思想性の高い作品」ばかりを、生み出す人だと思う。

すると、

彼が、「無免許医師」なんていうアンモラルな主人公を描いたのも、

思想的な、意味がある。

きっと、今私が語っているような、

「社会のルールにとらわれることなく、信念を生きましょうよ。

 その道が、隠されているはずですよ。」

といったことを、伝えたかったんじゃないかな?



『ヒミツの図書館お姉さん♪』

最新記事

すべて表示

エピソード200 『天空の城』

エピソード200 マスタードラゴンは天空城の2階のテラスへと着陸する。 着陸と同時に楽団は、勇ましいセレブレーションを奏ではじめた。そして天空城の住民たちが祝福に出てくる。 わー!パチパチ! れいさん、ばんざーい! デイジーさん、ばんざーい! マ「宴は後だ。先に少し話をしよう」 王の間へと移る。 マ「さて、二人を讃える言葉を送る者として、精霊ルビスと私と、どちらがよいだろうか?そなたらが望むなら女

エピソード199 『天空の城』

エピソード199 れ「一か八か・・・ 食らえ!とっておきの極大魔法!! 《ベホマ》!!!」 れいは両の手に回復のエネルギーを膨張させると、それを乱暴にクシャトリアに投げつけた!! ジュワ――――!!! すさまじい奇妙な音を立てて、クシャトリアの体が溶けていく!奇妙な煙を上げる! ク「お・ぉ・ぉ・ぉ・ぉ!」 デ「効いてるぞ・・・!」 れ「《ベホマ》!《ベホマ》!!」 そのとき、れいの体がほのかに青白

Comments


bottom of page