top of page

エピソード20 『トトロの森のけもの道』

エピソード20

…ちなみに、あの時、

季節は、5月の末頃だったよ。

誕生日の直後だったから、良く覚えてんだ。


5月の夜中は、

まだ底冷えのする、肌寒い気候だったよ。

…最初のうちは良かったけど、

3時とか4時くらいには、

窓も結露し始めて、寒くなっちゃったなぁ。

ハルオは堪らず、

エアコンのスイッチを入れたよ。


それで、暖かくはなったんだけどさぁ、

車の前席でエアコン掛けてると、エラく乾燥するだろう?

僕なんか、鼻炎持ちで、

いっつも口をぽっかり開けながら寝るから、

口も鼻もノドも、カラカラさ!

結局その晩、ロクに眠れたモンじゃ無かったよ!



でもさぁ、僕は別に、

ハルオを責めもしないし、不満をブー垂れたりも、しないのさ。


なにしろ、

「冒険」ってのは、「非・日常」と、同義語なんだ。

「冒険」には、多少の不都合は、付きモンなのさ♪


ロクに眠れやしなくたって、

1日何にも食べらんなくたって、

酔ってゲーゲー吐いたって、

それでも尚、繰り出したい魅力が、

「冒険」には、あるんだよ♪



眠ったんだか、眠ってナイんだか…

朝の6時頃には、

座席の窮屈さに堪りかねて、

僕は、外に飛び出しちゃったよ。



お腹が減ったから、

また、菓子パンか何かと、

500mlパックのミルクコーヒーでも、買ったんだ。

「多分」、ね(笑)



つられてハルオも起き出して、

2人でまずは、腹ごしらえをしたよ。


胃が消化を終えるのも待たずに、

僕らは再び、行き止まりの奥に、進んでいった。

今度は、車を、

コンビニに置きっぱなしのままにして、さ。

…あの道は、フツウの住宅地だから、

路肩に車を停めておくと、メイワクになっちゃうだろう?



…そう、

「冒険」をするヤツらってのは、

割りに、マナーがイイんだよ♪

「ルール」は守らなくても、「マナー」は、守るんだ。


「立入り禁止」って書いてあっても、

躊躇なく奥まで進んでいくんだけど、

ペットボトルを散らかしてきたりは、しないんだよ。

そのヘンが、

「ヤンキー」とか「不良」とかとの、違いだなぁ。

ヤツらは、「他人にメイワク掛けること」を、楽しんでるからさぁ。

ストレス溜まってんだよ。多分。



路地を2分も歩けば、

昨夜とオンナジ場所に、行き着いた。

でも、真夜中のそれとは、ずいぶん趣が違ったよ。


昨夜は気付かなかったけど、

入り口のところに、模造紙くらいのサイズの看板が掛かってた。

およそ、お巡りさんが説明してくれたのと同じことが、

書かれていたなぁ。

「自然保護のために誰かが買い取った」

とかナントカ、そういうことが、さ。


『トトロの森のけもの道』

最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page