top of page

エピソード21 『トトロの森のけもの道』

エピソード21

僕らは再び、

山の入り口に、居直った。

昨夜、ブラックホールに見えた山道は、

今朝は、フツウのハイキング・コースに見えた。

僕らは、ゆっくりと、歩を進めた。



幼い頃からの憧れだった『トトロの森』は、

およそ標準的な、「小高い丘」だった。


僕は、幼い頃、

「小塚山」という小さなハイキング・コースのそばに住んでたし、

同じような、小高い丘、森、林、崖が、幾つも町内にあった。

それぞれ、

都会っ子たちが初めて分け入れば、それなりに、面白い場所だよ♪

けれど、僕はと言えば、

そうした「それなりに面白い緑地」の黒帯9段だったから、

『トトロの森』には、大した感銘は受けなかったよ。


ハルオもまた、

大体オンナジような環境で育ってきたから、

何のハデなリアクションも、見せなかった。

モンクも言わなければ、褒めもしなかった。



50メートルも山道を登ると、平地になった。

「林」という雰囲気だった。

少しは、探検し甲斐のある場所になってきた。

道は細く、行き交う人々が踏み固めることで、維持されていた。

そういうのは、「けもの道」って言うんだな。



小さな鳥居があって、

小さな境内があった。

「トトロっぽい風景」と、言えなくもナイだろうね♪


境内の、観音開きの扉を、

チョイと覗いてみた。

…よく覚えてナイけど、

「昔の僕」だったら、そんなことを、やってみるだろうさ。


扉の奥は、真っ暗で何も見えなかった。

…よく覚えてナイけど、

何も覚えてナイってことは、

つまり、真っ暗だったか、カラッポだったんだよ。


鳥居と境内に飽きると、

もう少し、先に進んだ。



今度は、古い井戸があった。

コレもまた、

「トトロっぽい風景」と、言えなくもナイね♪


…でも、

井戸のフタは、硬く閉じられていた。



次に、

僕の感性は、

「何もナイところ」に、注視していた。

林道のあちこちには、

気付くか気付かないか絶妙なラインの「けもの道」が、

幾つか、あった。

「3ヶ月くらい前には、

 ヒトか犬か、それとも中トトロか…誰かしら、通ったかなぁ」

というカンジだった。


んで、

けもの道の行き止まりには、

小さな穴倉(あなぐら)みたいのが、あったりするんだ。

タヌキとかキツネとかそういう小動物が、

冬眠でもしてそうなサイズさ。

…つまり、「中トトロくらいのサイズ」ってことだよ。

中トトロが入れれば、小トトロも、入れるだろうなぁ。


でも、

その穴倉(あなぐら)は、

入り口のところで、塞がれてるんだ…。



…さっきもチョっと話したけど…

この時僕は、ハタチの誕生日を迎えたばっかりだったんだけどさ?

その、「塞がれた穴倉(あなぐら)」を見て、思ったよ。


「あぁ、あと数日早く…十代のうちに来てれば、

 トトロの穴倉(あなぐら)への道が、通じていたかもしれない…!!」

ってさ?

何しろ、


トトロに会えるのは、子どもだけなんだよ。

子どもと大人の境目は、「ハタチになったかどうか」だろう?


当時の僕は(今の僕もだけど)、

「子どものココロ」なら、残してるんだよ。

でも、それじゃぁダメなのさ。

肉体年齢もココロも、

両方とも、子どもでなくちゃ、ダメなんだ。


…だってさぁ、

メイのパパだって、

「子どものココロ」を残した、ステキなヒトだったろう?

あれだけ偉大な、「子どものココロを持った大人」でも、

トトロに会うことも見ることも、適わなかったんだ。


わかるかなぁ?

…重要なコト、書くからね?



…あれ?

キミまだ、

黄色い蛍光ペン、持ってきてナイじゃん!



…準備OK?


『トトロの森のけもの道』

最新記事

すべて表示

エピソード200 『天空の城』

エピソード200 マスタードラゴンは天空城の2階のテラスへと着陸する。 着陸と同時に楽団は、勇ましいセレブレーションを奏ではじめた。そして天空城の住民たちが祝福に出てくる。 わー!パチパチ! れいさん、ばんざーい! デイジーさん、ばんざーい! マ「宴は後だ。先に少し話をしよう」 王の間へと移る。 マ「さて、二人を讃える言葉を送る者として、精霊ルビスと私と、どちらがよいだろうか?そなたらが望むなら女

エピソード199 『天空の城』

エピソード199 れ「一か八か・・・ 食らえ!とっておきの極大魔法!! 《ベホマ》!!!」 れいは両の手に回復のエネルギーを膨張させると、それを乱暴にクシャトリアに投げつけた!! ジュワ――――!!! すさまじい奇妙な音を立てて、クシャトリアの体が溶けていく!奇妙な煙を上げる! ク「お・ぉ・ぉ・ぉ・ぉ!」 デ「効いてるぞ・・・!」 れ「《ベホマ》!《ベホマ》!!」 そのとき、れいの体がほのかに青白

Comments


bottom of page