top of page

エピソード21 『ヒミツの図書館お姉さん♪』

…結局、

読み聞かせに関しても、託されることになってしまった!

今の担当の方と、隔月で行うのだ。

ただ、PTAボランティアであるため、

お給料の類は、一切支給されない。


私には、報酬なんてどうでも良かった!

私にとっては、

30人もの観客が居てくれることが「報酬」に感じられるし、

彼らの夢中な表情や、喜ぶ笑顔が、「報酬」だった!

むしろ、

「このような場を提供してもらえること」

に、私が、お金を払ったって良いくらいだ!


…だって、そうでしょう?

私が、「読み聞かせ会、やります♪」という張り紙を、

公園のトイレの壁に貼ったって、

どこの馬の骨かもわからない私のために、30人も集まってくれないよ(笑)

とにかく、とにかく、

世の中は、やりたい人が、やりたいことを、やれば良いのだ!

そうすれば、

やってもらう人も、「ありがとう♪」と感じるし、

やらせてもらう人も、「ありがとう♪」と感じられる!!


なんで世界は、

こういうシステムにならないんだろう!?

みんなも、

アナグマさんたちみたいに、暮らせばいいのに…



『ヒミツの図書館お姉さん♪』

最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page