top of page

エピソード21 『リストラ後の7回裏で…』

エピソード21

娘たちは、

よく友人を家に招くようになりました。

娘の友人たちは、

誰も彼もが、羨望の眼差しで私たちを見てくれました。

誰一人、

「あなたのお父さん、ニートなの?」

などと眉をひそめる者は、居りませんでした。


そのうちには、

娘の友人の親御さんまでもが、見学しにくるようになりました。

そのうちの6組の家族が、

私たちと同じような生活を、始めてしまいました!

…まぁ、

ログハウスを自ら建てることまで行ったのは、2組だけでしたが(笑)

しかし、また別の2組が、

専門家の助けを得ながら、ログハウス造りに取り組んでいました。


彼らは、

時々私たちの家にやってきては、

家庭栽培のノウハウについて、アドバイスを請うたりしていきました。

…私たちに教えられることなど、ほとんどどありませんでしたが…(笑)


そしてまた、

豊富に実った農作物を分け合うことも、頻繁にありました。

梅酒だとか、ワインだとか、ジャムだとか、

加工品の数々も、行き交うようになりました。

私たちの生活費は、

ますます、掛からなくなっていきました。



また、

各々の家庭が作る、ジャムなどの加工品は、

ものすごく美味しくて、驚きました!

皆さん、素人の初心者ですよ?

500円の無添加高級ジャムよりも、

私たちの仲間内が作るジャムのほうが、遥かに美味しいのです!

私たちは、

巷の店にお金を払わなくなればなるほど、

美味しくて上質な食品を、食べられるようになりました(笑)

自作すればするほど、既製品より美味しいのです。

素材となる食品も、自分たちで栽培したものがメインですから、

見事に、お金が掛かりませんでした。


『リストラ後の7回裏で…』

最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page