top of page

エピソード23 『お遍路さんの集まる喫茶店』

エピソード23

…とは言っても、

実際のところ、

大して大きなハプニングが起こったわけでも、無いのです(笑)

しかし、

日々は、とても充実していました。



ムカイくんは、

チユキちゃんの家をベースに、

私の店と、行ったり来たりしました。


私は実際、

時々彼に、草刈りを頼みました。

彼は、楽しそうに「はい!」と言うのです。

彼は、権威や体制に従わない割に、とても素直です。

一体、イミがわかりません…。

そして、

鼻歌なんか歌いながら、ひょうひょうと、

短調でつまらない草刈り作業を、こなしていくのです!!



どうも、彼は、

他人が嫌がるような事柄も含めて、

あらゆる作業を、遊びに変えてしまう才能があるようです。

どうも、楽しそうな彼を見ていると、

「ズルい!

 私にも、その草刈りとやらを、やらせて!」

と、言い出しそうになってしまいます(笑)



彼は、こちらが、

「もう止めなさい」というまで、

何時間でも、その短調作業を、続けます。

本当に、「楽しんでいる」のでしょう。

だから、

「さぼる」とか、「休む」とか、そういう必要性が、無いのです!!


そして、

彼が草刈りをし終わった跡を見てみると、

ものすごいスピードでこなしているのに、

ものすごい丁寧で、几帳面なのです!!


…呆れて、物も言えません(笑)


『お遍路さんの集まる喫茶店』

最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page