top of page

エピソード25

翌日は、もう、

昼頃まで、宿でくたばってたよ(笑)


ルクソール街にある遺跡は、どれも規模が大きいから、

連日、かなり歩くことになるだろうさ。

その辺のことをしっかりと、アタマに入れておいたほうがイイね。


僕は、12時ギリギリにチェックアウトをして、

荷物だけ預けて、ルクソールの市街地を自転車で散策した。

昨日の影響で、腰がとても痛かったから、

ロクに歩けなかったけどさ…(笑)

土産物屋の立ち並ぶマーケットを眺めて、

どっかでお茶して、そんで帰ってきたかなぁ。


夕方頃。

宿に、荷物を受け取りに戻ると、

例の深緑のおっちゃんが、話し掛けてきた。

「オマエ、列車のチケットは、もう、取ったのか?」

「いいや?

 駅で買うつもりでいるからさ。」

「いや!駅に行ってからじゃ遅い!

 カイロ行きだろう?

 この時間帯から、急激に席が埋まるぞ!!

 オレが取ってやる!」

彼は、電話に手をかけながらそう言った。

「いやいや!イイよ!!

 どーせマージン取るんだろう?」

「マージンなんか取らないよ。

 オマエのために、言ってるんだ!

 早く席を押さえないと、大変なことになるぞ!?」

「あ、そう。アリガト♪

 じゃ、僕はもう、行くよ。」

そう言って、宿から飛び出して行ったんだ。


…覚えてるかい?

彼は、つい2~3日前に、

僕に国際学生証の偽造をあっせんしてきたんだよ。

それじゃなくても、

エジプトの商人たちはウソ付きが多いから、

「オマエのために」とか、「マージンを取らない」とか言ってても、

ウカツに信用出来ないさ。

だから僕は、

「コレも彼のダマしのテクの一つだ」と思って、パスしたんだ。


早めの夕飯を摂って、駅に行って、

チケット・カウンターに行ってみたら、ビックリ!

ものすごい行列が出来てんだ!!

20分も待って、ようやく僕の番が回ってきたと思ったら…

「外国人は、一番右の窓口だよ。」

と冷たく一掃されて、また並び直し…

更に30分も並んで、ようやく僕の番が回ってきた。

「カイロまで、大人一枚プリーズ!」

「カイロ?もうフルだよ!満席だ。」

「えー!!そこをどうにか!!」

「どうにもならないよ。

 明日また、リトライすればいい。」

同情もクソもナシに、淡々と話を終えようとする…

「明日じゃ間に合わないんだ!

 どうにかならないかなぁ!?」

僕は、尚も喰らいついて言った。

「ふー。めんどくせぇ客だなぁ。

 じゃぁ、

 とりあえず電車に乗り込んじまって、中でどうにかしな。

 後のコトは、知らねぇよ。」

と、仏頂面で言い放った。

僕は、その可能性に掛けてみることにした。

「まぁ、どうにかなるさ♪」

いつも通り、そう楽観視してたよ。

どうにかなるんだ。たいていはさ。


8時になって、電車が来て、

僕は、早めに乗り込んだ。

一等車がどちらか、慎重に見極めて、乗り込んだ。

とても混んでいた。

とりあえず、ルクソールから乗るヒトたちが全員座るのを、

ウロウロしながら待った。

幸いにも、幾つかは空いていたよ。

「ほーら見ろ♪」

と、僕は安心して、テキトーに座った。


列車が出発すると、

やがて、車掌さんか何かが、チケット確認にまわって来た。

全席指定なんだ。ちなみに、「寝台列車」ではなく、ただの夜行列車だよ。

僕は、その車掌だかなんだかに、事情を説明した。

「カウンターのおっちゃんに、

 『中でカネを払え』って言われたんだ!」ってさ。

すると車掌さんは、

「そうかい」と肩をすくめて、一等車の料金を徴収していった。

…しかし、僕には、

自分の座席を証明する半券のようなものは、発券されなかった…


20分も走ると、

列車は、次の駅に停まったよ。

降りるヒトなど一人も居らず、

新たに何人も、乗り込んできた!!

…まさかとは思ったけど、

そのまさかが、起きた…!!

「キミキミ、

 そこは私の席のようだがね?」

と、温厚そうな「ひげマリオ」が、

座席を証明する半券を、見せびらかしてきた!!

僕は、

「あれ!?ソーリー♪」

と、カンチガイしたフリして、彼に席を譲った。

「この駅で全員が席に着いた後、

 再び、空いてた席に座ればいいや♪」

と、考えてた。


…けれど…


200ばかしもあろうかという座席は、

ただの一つも、空いていなかった!!

二等車両に望みを託して、車内を歩いてみたけれど、

どうやら、

一等車両と二等車両は、隔絶されているようだった…!!

僕は、通りかかった車掌さんに訴えた。

「お金を払ったんだから、席に座らせてよ!!」

…でもそれは、

車掌さんにもどうにも出来ない問題だった(笑)


仕方なく僕は、

連結車両にスペースを見つけて、 そこにうずくまることにしたんだ…。

そこは、僕がこれまでに「お金を払って獲得したスペース」の中では、

最もヒドい環境だった…!!!

当然、イスなどはあるハズも無く、、

床はむきだしの鉄で、硬くて冷たかった…

「ひげマリオ」たちが吐き捨てたツバやタバコの吸殻で、

たいそうに汚れていた…

防音対策なんぞ取られているハズもなく、

車輪の走行音が轟々と響き続けた…

あちこちに隙間が空いてるから、

冷たい風が、びゅうびゅうと吹き付けた…

夜のエジプトは、ただでさえ寒いのに…

トイレがすぐ近いから、臭かった…

頻繁に乗客が行き来してて、

それもまた、やかましかった…


僕は、砂漠の夜のときとオンナジように、持ち物を駆使して、

出来る限りの防寒対策を取った。

Tシャツ類をぜーーんぶ重ね着して、

バスタオルを腹巻のように巻いた。

そして、

冷たく硬く、汚れた地面に寝転がって、

少しでも、睡眠を取ろうと目を閉じた。



『導かれし者たち』

最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page