top of page

エピソード2 『ご主人様の面接』

エピソード2

あたしは、マイペースな人間です。

せかせかするのが、ニガテです。

朝は、1時間以上掛けて準備するので、

6時には、起きなきゃなりませんでした。

30分掛けてご飯を食べて、30分掛けて歯を磨きます。

「3分の間違いじゃないの!?」

と、よく聞き直されましたが、

30分なのです。

なんで30分も歯を磨くのか、自分でも、わかりません。

潔癖症なのかな?

タバコの煙は、キライだけど…。



基本的に、なーんでも、のんびりです。

ノートを取るのも、のんびりです。

授業は、それなりに、真面目に受けては、いました。

でも、板書が速いタイプの先生だと、

あたし、書き取りが追いつかない…

仕方ないので、休み時間とかに、

お友だちにノートを見せてもらいます。


…どちらかと言うと、

「ビリから数えて1番」を取りそうな人間の、振る舞いですよね(笑)



なんで私、学年1位なんですか??


『ご主人様の面接』

最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page