top of page

エピソード2 『イエスの子らよ』

「マリアンヌ!起きなさい!

 起きなさい!マリアンヌ!起きなさいったら!」

お母様のどなり声で、私は目を覚ましたわ。

「もう!眠ってはダメとあれほど言ったのに!

 約束違反をするのは、これが最後ですからね!

 これからはもう、てっていてきに素直な良い子で過ごすんですよ!

 修道院に入るんですから。」

「着いたのね。」私は目をこすってつぶやいた。

修道院って知ってる?

私も知らなかったわ。実際に行ってみるまでは。

教会みたいなところよ。

教会は、日曜日にだけ行くでしょう?

でも、修道院は毎日行くところなの。

毎日行くっていうか、毎日、そこで暮らすのよ。



せまぜまとした町の中にいたわ。目の前に城門がある。

「馬車はここまでしか入れません。あとは歩いていきますからね。」

なんだ、まだ着いてないんじゃない。

ダメよ、ふてくされたら。良い子にならなくちゃいけないんだってば。

私は馬車の御者(ぎょしゃ)さんにていねいにおじぎをして、

その間にお母様は、城門の門番に、何か書類を見せていたわ。

「さぁ行きましょう」お母様は、私の目も見ないで言った。

どれくらい歩くのかしら?それすらも教えてくれない。

小言ばっかり言うけど、かんじんなことは何も教えてくれないの。


ゆるやかな坂道と階段が、交互に続いていたわ。

オムレツのいい匂いがしたけど、寄っていってくれたりしないの。

着いたら食べれるって言ったのに!まだ着いてないからかしら。

まぁ、案外あっけなかったわ。10分も歩けば到着。

大きな教会。

入り口に見張りがいたけど、今度は兵士じゃなくて、神父さまみたいな人よ。

きっとここが修道院。修道院は修道者しか入れない場所なのよ。

お母様は、また書類を見せて手続きをすると、

「良い子にするのよ。マリアンヌ。

 神の祝福がありますように。」

十字を切ってそう言って、私のおでこに軽くキスをした。

振り返りもしないで、行ってしまったわ。あっけなく。

私のこと、きらいなんでしょうね、きっと。

しょうがないわ。私、ぜんぜん言うこと聞かない子だったから。



『イエスの子らよ』

最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page