top of page

エピソード33 『トルコで見つけたドラゴンボール』

夜行バスで、一気にイスタンブールまで戻ってきた。

距離があるから、かなりの長旅だったよ。



以前泊まった宿は満室だったから、

今度は、韓国人の多く泊まる安宿を選んでみた。


宿の中にいても面白くナイから、

体調を見ながら、散歩程度の外出を、何度も重ねた。



ブルーモスクのそばの大きなガーデン・レストランで、

夜は、コンサートが行われていた。


コンサートの目玉は、

「セーマ」と呼ばれる伝統舞踊なんだ。

白いスカートをはいた男性が、

とにかく、くるくると回り続ける!

20分も、30分も、

ずーーーっと、高速回転を続ける!!


なかなかインパクトのある踊りではあるけど、

かと言って、5分も眺めりゃ、お腹いっぱいだよ(笑)

それでも、まだまだ、

ぐるぐる、ぐるぐる、回り続ける!!


『トルコで見つけたドラゴンボール』

最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page