top of page

エピソード34 『トルコで見つけたドラゴンボール』

翌日は、ブルーモスクのそばの公園で、

のんびりとしていた。


すると、

ある若い男の子に、

「お店に来てほしい」と、声を掛けられた。


「僕、じゅうたんを買う気なんてナイよ?」

と言っても、

それでもいいから、来てほしいという。



前にも書いたかもしんないけど、

僕は基本的に、

声を掛けられれば、ノってしまう。

もし大変なコトが起こりそうなら、

その時に対処をすればイイからさ。


なにしろ、

全ての誘いを断ってしまうと、

旅は、まったくツマラナイものになっちゃう…

本当にイヤなときに、「NO!」

とハッキリ言える強さがあるならば、

たいていの誘いには、

笑顔で応じてしまったほうがイイと思うよ。

ただし、

クスリや酒やセックスをチラつかせるようなヒトは、別だけど…



そうして、男の子に着いていくと、

ブルーモスクから10分ほど歩いた場所に、

小さな土産物屋があった。


中のデスクには、

平井堅によく似た顔のトルコ人が、ニコニコ顔で座ってた。

そして、彼の来ている服には、

漢字交じりの文章が、たくさん書かれてた。

「あ、日本語だ!」

と声に出していうと、


「そうです。

 私、日本が大好きなんです♪」

と、かなり流暢な日本語が、返ってきた!



彼は、日本人の奥さんと一緒に、

ココで土産物屋を営んでいた。

そして、

日本人の旅行者が、何か困ったコトがあったときに、

手を貸しているのだという。

じゅうたんの説明は、

相手に求められたときにしか、しないのだそうだ。



そのまま、彼とたくさんの話をして、

結局、夕飯も、彼の家でご馳走になってしまった。


彼の家には、

日本文化に関するものが、たくさん飾られていた。

本当に、日本が好きなんだよ。



彼は、僕が見聞きした中では、

最も誠実なじゅうたん屋だった。



最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page