top of page

エピソード3 『イエスの子らよ』

今度は、見張りの神父さまが私に言ったわ。若いわね、ここの神父さま。

「長旅ごくろうさま。

 疲れているとは思うが、まずは礼拝堂でお祈りをしなさい。

 それが済んだら、温かいオムレツを出してあげよう。」

「お母様よりは、優しい人ね。」私はクスっと笑って言った。

「君のお母様も、優しい人ですよ。」

「そんなわけないじゃない。

 一度も振り返らずに、行っちゃったわ。」

「それが、優しさなのです。

 お母様がなごり惜しむ姿を見せたら、君はもっとなごり惜しくなる。

 お母様が涙を見せたら、君はもっと泣きたくなる。

 そっけないほうが良いのです。別れというのは。」

神父さまの言うことは、

当時の私にはまだ、あまりよくわからなかったわ。


神父さまは、大きな木の扉を開けた。

うわぁ!

とても大きな教会だったわ。私の町の教会の、3倍くらいはある。

天井がとても高いの。窓から差し込む光は、まるで天国への階段みたい。

でも、装飾はそっけない。お金が足りなかったのかしら?

でも、「質素ね」とか言ってはダメなのよ。修道院では失礼のないように振る舞わなきゃ。

私は祭壇までいくと、ひざまづいて、イエス様に祈りをささげた。


「さぁてと。

 神父さま、オムレツはどこ?」

「ここからは修道女に引き継いで、寄宿舎を案内させよう。

 オムレツは、食堂で食べられるはずだよ。

 …それと、

 私は神父ではありませんよ。一介の修道士にすぎません。

 男性の修道者のことを、修道士というのですよ。

 ではこれで。ごきげんよう。」


教会には、前方にも出入り口があったわ。

そこに、修道女のおばさまが待ちかまえていた。

「あなたがマリアンヌね?ようこそおいでなさって。」

「どうもありがとう。」

「あなた、お年はいくつなの?」

「10才になりました。」

「そう。なら幼年棟ね。

 …10才ですって!?ずいぶん幼く見えるけど、

 あなた、栄養は足りているの!?」

「そうなんです。私、オムレツが足りていないんです。」

「まぁ!それは大変だわ!

 すぐにお食事の支度をさせますけど、

 まずはお部屋に荷物を置いて、着替えてらっしゃい。

 修道院では、服装が決まっているのよ。」



『イエスの子らよ』

最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page