top of page

エピソード3 『イーストエンドは西の果てⅡ』

エピソード3

…とにかく、

コレが、創り話じゃナイってコトは、わかってくれた?


まだ、創り話だって思ってるなら、

キミはもう、「子どもの心」を失くしてしまってるから、

児童文学は、読まないほうがイイよ。

キミは、経済白書とか、星占いとか、

そういうのを読んでるほうが、楽しめるんじゃないかなぁ。

大人は、そういうのが好きなんだよ。


これは、真実の物語。


まぁ、名前は多少、いじくってあるけどね。

ぱるこも、本名はぱるこじゃナイよ(笑)



「星の王子さま」も、真実の物語だよ。

「不思議の国のアリス」も、真実の物語だしさ。


あれらの物語が、時代を超えて普及したのは、

あれらを読んだ読者の一部が、

「コレは、創り話なんかじゃない!

 大切なメッセージを秘めた、真実だ!!」

って確信して、普及に努めたからなんだよ。


そういうふうに読者たちががんばらないと、

真実の物語は、闇に埋もれてしまうんだよなぁ。

それで、

「ハリーポッター」とか、「ワンピース」みたいな、

ヒマ潰しの寓話ばかりが、世界を席巻しちゃう…

みんな、

「ハリーポッター」や「ワンピース」には、いっぱいお金を払うからねぇ。

何にお金を注ぐか、慎重に見極めたほうが、イイよ?



さて、戯れ事はこのくらいにして…

ねむりあの国のこと、もっと知りたかったんでしょ?

今日は、それをお話しようと思ってさ♪


『イーストエンドは西の果てⅡ』

最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page