top of page

エピソード3 『人魚たちの償い』

エピソード3

父は、落ちこぼれのアントニーを、決して批判しなかった。

それどころか、私と同じように、

アントニーの持つ人を元気にする不思議な習性に、敬意を表していた。

「私は医者を辞めて、アントニーに笑顔のコツを学ぶべきかもな」

と、冗談まじりに、それにしてはひんぱんに、口にしていた。

医療の限界というものを、父は感じていたらしい。


父は、40歳を過ぎて体力にかげりが見え始めると、

母に対して、「仕事量を減らしてほしい」と懇願した。

父は、帰宅後や休日のプライベートタイムに、

母とゆっくりスキンシップしながら過ごすことを、望んだのだ。

それに付き合ってもらうために、母に時間的ゆとりを作らせたらしかった。

父も母も元気を取り戻し、また、いくぶん若返った。


父はそれから、

「未病」という、病気を未然に防ぐメディカルケアに興味を持ち、

空いた時間で研究をしていった。

執刀や投薬が過剰になっていた医療業界に疑念を感じていて、

自分の未病医療を、関係者や患者に提唱するようになっていった。


父の研究は、大衆貢献的なものであったはずなのに、

父はあまり、賞賛されなかった。

医療関係者たちは、未病医療が普及すると収入を損なってしまうため、

父の研究を煙たがり、そして否定し、罵倒するのだった。

父はそれでもめげずに、つつましく研究や提唱を続けていったけれど、

やがてそれにも、限界が訪れた。


『人魚たちの償い』

最新記事

すべて表示

小説の書き方は?

「どのように小説を書いているのか?」というご質問を複数いただいたので、まとめて書いてみたいと思います。 率直に言って、あまり他者さんの参考にはならないと思います^^; 独学。小説について何も学んでいないです。 まず、私にとって小説・ライトノベルは、まったくの独学です。何のスクールも講座も、ハウツー本すらも読んでいないです。 とはいえ、情報サイトの記事を書くためのハウツー本は少し読んでいます。また、

小説『トランク1つで生きていく』もくじ

小説『トランク1つで生きていく』のもくじのページです。 ここを基点に読んでいってください^^ 『トランク1つで生きていく』まえがき エピソード1 『トランク1つで生きていく』 エピソード2 『トランク1つで生きていく』 エピソード3 『トランク1つで生きていく』 エピソード4 『トランク1つで生きていく』 エピソード5 『トランク1つで生きていく』 エピソード6 『トランク1つで生きていく』 エピ

エピソード5 『かのんのノクターン』

エピソード5 かのんの実力は、学校の中では並だった。 しかし、その無垢さ従順さは、生徒たちの中でも際立った。 そのような「人柄部分」を気に入った、ジャズ理論の教師が、 かのんに、ちょっとした仕事を回すことになった。 府中の児童福祉施設で、ピアノ・リサイタルをすることになったのだ。 それは、館長の還暦を祝うパーティの、余興だった。 かのんにとって、初めての「仕事」であり、 無関係な人々の前での演奏だ

Comentarios


bottom of page