top of page

エピソード40 『トルコで見つけたドラゴンボール』

さらに東…

イランとの国境にある、

ドゥバヤズットという町にやってきたよ。


この辺はもう完全に、

アジア的な殺伐さが勝っていたなぁ。



ココは、

個人で観光をする足がそろってナイから、

現地のツアーを手配するコトになる。

…とは言え、

シーズン・オフに辺境の地だから、

催行人数が集まらない…

僕は、かなり高い金額を出して、

プライベート・ツアーを依頼するコトになっちゃった!



ドライバーは、ノー天気なおっちゃんだった。

彼はガイドも兼ねてるハズだったけれど、

英語はさっぱりダメだった。

ボロ車の中で、クルド民謡のテープを流し、

終始、楽しそうに、大声で歌っていた。

クルド民謡は、日本の演歌によく似ていたよ。


彼は、「自分の民族の音楽に 誇りを持っている」と言ってた。

僕は、演歌に誇りを持っていたりは、しない。



車はまず、

「イサク・パシャ」という、宮殿遺跡に到着した。


彼は、ガイドのハズだったけれど、

イサク・パシャの中へは、

着いてきてくれなかった…(笑)

僕たった1人のために入場料を払うのが、

もったいなかったんじゃナイかなぁ。



僕は、この遺跡のコトがさっぱりわからなかったけど、

それでも充分、楽しい遺跡だった♪

辺境の地にある、マイナーな遺跡の割りに、

建物は大きく立派で、レリーフも美しく、保存状態も良いよ。

なにより、「ダンジョン度」が、高かった♪

途中、真っ暗闇の中を、歩いたりしないといけないんだ!



この宮殿遺跡は、

町からかなり、離れたところにあるんだ。


普通、

遺跡のすぐ近くに、町を作るよ。

観光地化しやすいからさ。

でも、この地の民にとって、

そういうのは、どうでも良かったんだろうね(笑)

じゅうたんを織るコトのほうが、

好きなのかもしれないよ。



ドゥバヤズットの町にも、

多くのじゅうたん屋がある。

そして、料金は、

イスタンブールよりもずいぶんと安い。


…いや、

じゅうたんに限らず、 物価はおしなべて安いよ。

ロカンタ(大衆食堂)も、

2ドルもあれば、 お腹いっぱい食べられる♪


『トルコで見つけたドラゴンボール』

最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page