top of page

エピソード45 『トルコで見つけたドラゴンボール』

車は、また別のクルドの村にやってきた。

遠くに、雄大なアララト山がそびえ立っていた。

富士山によく似た、美しいカタチの山だよ。


川のほとりにある、静かな村だったけど、

さっきの村よりは、大きいよ。


この村もまた、子どもたちが元気だった!

4~5人の女の子たちが、

積極的に声を掛けてきてくれて、ずいぶんと戯れた。

カメラ馴れしているのか、性格的にノリがイイのか、

ずいぶんと、色んなポーズをキメてくれたよ。



西側のイスラム地域にせよ、この辺りにせよ、

女性たちは、大人になってしまうと、

借りてきた猫みたいに、大人しくなってしまう。

旅行者のコトなんて、見向きもしなくなる。

旅行者向けの商業施設にも、女性の姿はほとんど見かけない。

つまり、

彼女たちは、家にこもっているか、

または、ジモティ向けの市場辺りで、店番をしてるんだ。


いずれにせよ、

とにかく、静かで控え目になってしまうんだけど、

一体、いつを境に、

少女は大人になってしまうんだろう?

やはり、結婚が境なんだろうか?


『トルコで見つけたドラゴンボール』


最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page