top of page

エピソード4 『イーストエンドは西の果てⅡ』

エピソード4

あれは、

ねむりあの樹じぇれみーが、

100万歳の誕生日を迎えたときのこと…


樹が100万歳まで生きることって、めったにナイ。

だから、

じぇれみーを祝福するために、

宇宙各国から、たくさんの来客があったんだ。


ナメック星人も来たよ。

あの星のヒトたちは、かなり植物を愛してるからねぇ♪

サイヤ人は来ないよ。

戦ってばかりいるから、ねむりあの国には、入れないよ。



来客者たちも、住民たちも、

じぇれみーのそばに寄り添って、憩いの時間を過ごしてた。



根元でお昼寝しながら、エネルギーを充電するヒト。


木登りしながら、体力作りするヒト。


小鳥たちと、ハミングするヒト。


果実を食べて、腹ごしらえするヒト。


旅の途中に、枝で一休みする渡り鳥。


内側に入って、住んじゃうヒト。


枝を折り取って、木工品に加工するヒト。


生い茂る梢で、迷路ごっこをするヒト。


生い茂る梢で、雨宿りするヒト。


じぇれみーに人生相談するヒト。



…気付いた?

たった樹一本で、

僕らの生活に必要なモノゴトは、全て、賄えられるんだ…!!


気付いた?

ホントに、気付いた??


キミ、

そんなにたくさん、お金を抱え込まなくて、平気ってコトだよ?


食べる物が無ければ、樹の実をかじればイイのさ。

人生に迷ったなら、樹に相談すればイイのさ。

レジャーしたいなら、樹登りして遊んだらイイのさ。


つまり、

樹を有効活用するテクニックを持てば持つほど、

生活費は掛からなくなるし、お金も不要になるんだよ♪


このコト、

キミが大人になっても、忘れないようにね?

ぜーーーーーったい、忘れないようにね??


人間っていうのは、

大人になればなるほど、大切なことを、忘れていっちゃうんだ。

経済白書とか星占いとか「ワンピース」とか、読み過ぎだからさ。



ところで、

じぇれみーは一人しか居ないのに、

同時に、無数の友人達をおもてなし出来るんだよ。

じぇれみーに限らず、

樹って、そういうモノなのさ。


だから、

およそ1万人ものヒトたちが、一度に、

じぇれみーと戯れ合っていたよ。


木の実をむしられても、枝を折られても、

じぇれみーは、泣き言一つ、言わなかったよ。

なぜかわかる?

自分のカラダを他人に活用してもらうことが、

嬉しくて嬉しくて、たまらないからさ♪


じぇれみーは、愛のカタマリなんだ。

樹は、愛のカタマリなんだ。


象のさむすんが、

すべり台のマネをして取り組んでたのは、

まさに、じぇれみーになるレッスンだったんだよ♪


『イーストエンドは西の果てⅡ』

最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page