top of page

エピソード4 『トトロの森のけもの道』

エピソード4

僕は、1つだけ、

近場で行ってみたい場所のアイデアを、思いついた。

「ねぇ、

 『トトロの森』行ってみない!?」


「イイねぇー!

 サイコーだよ、ムカイくん。

 じゃ、出発するよ?」

ぶるるるるーん…


「ちょ、ちょ、待てよ!

 『トトロの森』って、場所、わかってんの!?」


「いや、わかんねぇ。」


「じゃぁ何で出発しちゃうんだよ!!」


「いやぁ、

 ムカイくんがナビしてくれんのかと、思ったからさぁ。」


「僕だって、知らねぇよ!!

 …だいたい、

 ナビも何も、

 僕、車乗らねぇんだからさ、

 こっから、市川インター入る道のりすら、ナビ出来ねぇよ!」


「そうかぁ。

 困ったなぁ。」

…ゼンゼン、困った顔、してねぇんだ。



「埼玉県のどっかにあるってハナシは、

 聞いたこと、あるよ?」

僕は、気を取り直して、言った。


「おぉー!ナーイス♪

 じゃぁ、行こう。」

ぶるるるーん


「だから、待てってばよ!!

 オマエ、埼玉県がどんだけ広いか、知ってんの!?」


「知らん。

 …じゃぁ、どーするよぉ?」

「誰か、埼玉県民に、知り合い、居ないの?

 埼玉県民なら、

 自分の県の観光地のことぐらい、知ってんべ?」


「おぉ!ナーイス♪

 じゃぁ、ちょっと、

 ナイちゃんに電話してみるわぁ。」


プルルルル プルルルル

ガチャ。

「あぁ、もしもし?ナイちゃん?

 あのさぁ?

 『トトロの森』、どこ?」


「…オマエ、

 もう少し、会話の流れってモンを、考えろよ!」


「あぁ、うん…うん、わかった!サンキュー♪」

ガチャ。


「なんかねぇ、

 『入間市にあんじゃね?』

 って、言ってたよ?」

「『あんじゃね?』

 って、そんな曖昧な情報ソースで、出発すんのかよ!!

 この真夜中に!!」


「でも、とりあえず、

 他に、アテねぇから、

 行くしか、無くね?」

「…まぁ、そうだけどさぁ…」


『トトロの森のけもの道』

最新記事

すべて表示

小説の書き方は?

「どのように小説を書いているのか?」というご質問を複数いただいたので、まとめて書いてみたいと思います。 率直に言って、あまり他者さんの参考にはならないと思います^^; 独学。小説について何も学んでいないです。 まず、私にとって小説・ライトノベルは、まったくの独学です。何のスクールも講座も、ハウツー本すらも読んでいないです。 とはいえ、情報サイトの記事を書くためのハウツー本は少し読んでいます。また、

小説『トランク1つで生きていく』もくじ

小説『トランク1つで生きていく』のもくじのページです。 ここを基点に読んでいってください^^ 『トランク1つで生きていく』まえがき エピソード1 『トランク1つで生きていく』 エピソード2 『トランク1つで生きていく』 エピソード3 『トランク1つで生きていく』 エピソード4 『トランク1つで生きていく』 エピソード5 『トランク1つで生きていく』 エピソード6 『トランク1つで生きていく』 エピ

エピソード5 『かのんのノクターン』

エピソード5 かのんの実力は、学校の中では並だった。 しかし、その無垢さ従順さは、生徒たちの中でも際立った。 そのような「人柄部分」を気に入った、ジャズ理論の教師が、 かのんに、ちょっとした仕事を回すことになった。 府中の児童福祉施設で、ピアノ・リサイタルをすることになったのだ。 それは、館長の還暦を祝うパーティの、余興だった。 かのんにとって、初めての「仕事」であり、 無関係な人々の前での演奏だ

Comments


bottom of page