top of page

エピソード5 『ご主人様の面接』

エピソード5

近年、「メイドカフェ」みたいのが、とても流行りです。

そういう気持ちが、なんとなく、解ります。


あたしもそうなのだけど、

きっと、彼女たちも、

誰かの役に立ちたいし、明確な指示を、出して欲しいのです。


指示さえもらえて、あと、時間をゆっくりもらえたなら、

喜んで、ご奉仕してあげたくなります。

頭を使うよりは、体を使っていたいのです。



勉強も、「暗記する」場合には、

頭脳労働というより、肉体労働な気がします。

そんなこと、ない?


『ご主人様の面接』

最新記事

すべて表示

エピソード200 『天空の城』

エピソード200 マスタードラゴンは天空城の2階のテラスへと着陸する。 着陸と同時に楽団は、勇ましいセレブレーションを奏ではじめた。そして天空城の住民たちが祝福に出てくる。 わー!パチパチ! れいさん、ばんざーい! デイジーさん、ばんざーい! マ「宴は後だ。先に少し話をしよう」 王の間へと移る。 マ「さて、二人を讃える言葉を送る者として、精霊ルビスと私と、どちらがよいだろうか?そなたらが望むなら女

エピソード199 『天空の城』

エピソード199 れ「一か八か・・・ 食らえ!とっておきの極大魔法!! 《ベホマ》!!!」 れいは両の手に回復のエネルギーを膨張させると、それを乱暴にクシャトリアに投げつけた!! ジュワ――――!!! すさまじい奇妙な音を立てて、クシャトリアの体が溶けていく!奇妙な煙を上げる! ク「お・ぉ・ぉ・ぉ・ぉ!」 デ「効いてるぞ・・・!」 れ「《ベホマ》!《ベホマ》!!」 そのとき、れいの体がほのかに青白

Commentaires


bottom of page