top of page

エピソード5 『ハルトの初恋』

エピソード5

誰にもナイショにしてくれるだろうか?


マサキとマサキのアネキは、ヤっているらしい。

きょうだいで、セックスをしているらしい。世も末だ。



きょうだいでセックスをしても、良いんだろうか?

親族でセックスをすると、奇形児が生まれるんだ。

奇形児が生まれるってことは、有罪なんじゃないか?



マサキのアネキが言うには、

「女子のほうから誘ったなら、OK」なのだそうだ。

女子は、野郎よりもチカラが無いから、

野郎が女子に誘っては、ダメなのだ。

女子は、ヤル気がなくても、怖くて服従してしまうかもしれない。脅迫だ。


でも、

女子に誘惑されても、野郎は怯える必要は無い。脅迫にはならない。

女子はセックスで傷つくことがあるけど、

野郎はセックスで傷つくことは無い。まず無い。


だから、

女子から誘うなら、きょうだいでセックスするのも、アリらしい。


ギリシャ神話でも、古事記でも、

神社とかで祀られている偉い神様たちは、きょうだいでセックスをしたらしい。

きょうだいでセックスをした故人が、神社で祀られて、尊敬されているのだ。

だったら、現代人だって、きょうだいでセックスをして良いんだろう。



マサキとアネキがセックスをいていると聞いたとき、

オレっちは、「世も末だ」と、天を仰いだ。

でも、マサキのアネキは、

「末じゃないのよ!新しい世の始まりなのよ!」と言い返してきた!

マサキのアネキは、アタマが良いぜ?小悪魔agehaでは、ないぜ?


『ハルトの初恋』

最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page