top of page

エピソード5 『無人のお祭り』

エピソード5

かなり脱線してきちゃったけど、もうチョイ、続けようかな?


とにもかくにも、

アトランティスという文明は、

住民たちの貪欲なエゴによって、崩壊しちゃったんだ。



よく、超古代文明の映像として、

科学が超発達した、超ハイテク都市の様子が、描かれたり、するよね?

車や電車が空を飛んでたり、人々がモビルスーツみたいの着てたり。

ネオンが煌々と輝いていて、夜の闇など存在しないような…


ああいうのがつまり、

アトランティス文明の光景なんだ。



…気付いたかな?

アメリカのニューヨークや、東京は、

今、ああいう超ハイテク都市へと、進化しようとしてるんだよ。

太陽光パネルさえ普及すれば、

超電脳ハイテク都市でも、人や地球に無害だと思ってんのさ(笑)



そういう電脳都市に憧れてるヒト、

けっこう、多いんじゃないかな?


そのまま進んでいくと、

6,000年前のアトランティスと同じように、

「ドカーーーーン!!!」だよ(笑)

あと10年、持つかなぁ?東京やアメリカ…



霊的な視点から見て、僕らが進んでいくべき道というのは、

「電脳と自然の融合・バランス」なんだ。


そうだなぁ、

栃木とか長野辺りの、郊外型新興都市に移住して、

広い庭でガーデニングでもしながら暮ら始めた人たちは、

割とイイ線いってるよ♪

「割と」だけどねぇ。



「株価大好き!」

「お酒大好き!」

「騙すの大好き!」

みたいな男性たちや、

「ダンスミュージック大好き!」

「霊能者大好き!」

「掃除は『ルンバ』にお任せ!」

みたいな女性たちは、

まぁ、局地的な「ノアの洪水」にでも、巻き込まれるのがオチだね(笑)

それとも、

「局地的エイズ」か、「局地的インフルエンザ」か、「局地的原発事故」か…


『無人のお祭り』

最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page