top of page

エピソード6 『小さな大ちゃん』

エピソード6

ドッヂボールでも、同じような具合だった。

オレは、前に出て「攻撃」するのは、やめた。


いつもいつも、後ろに下がった。


相手チームのエースが、

オレのチームの前のほうにいるトロいヤツを狙う。

ボールが上手く避けられて、再び相手チームの外野に届きそうなのを、

オレがダイビングキャッチでもして、掴み取る。

オレはなぜか、手が吸盤になったみたいに、ボールが取れる。

オレは、いつも後ろにいて、

ボールが外野に飛んでいくのを、防ぎ続ける。


つまり、オレは、

ドッヂボールの試合で、サッカーのキーパーをやっていた。

サッカーのキーパーは、パンチングで防いでも評価されるが、

ドッヂボールの場合、キャッチしなければ元も子もない。

オレは、「難易度の高いサッカー」を、ドッヂボールの試合で、行っていた。



オレは、そうしてボールをキャッチしても、

前に出て反撃したりは、しない。

あまりボールを投げたことのない女子に、渡したりする。

その子があまりに嫌がるなら、他の子に渡すか、

または、内野に戻りたがってる外野陣に回す。


オレが誰かにボールをぶつけてヒーローになる必要は、無かった。



この風変わりなドッヂボールも、

かなり、メチャクチャ、面白かった!

とにかく、

「ボールを後ろにそらさないためのアレコレ」が、面白かった!


相手のエースがボールを持てば、

自分のコート全体を見渡して、誰が標的にされそうか、瞬時に判断する。

その子がいる側の後方に、守備位置を取る。


その子が上手くボールを避けたり、ファンブルしたりすれば、

即座にボールに喰らい付く!


本当に運動神経の良い小学生は、

ぜひ、こういうスタイルのドッヂボールを、楽しんでみてほしい!

10人にボールを当てるより、

10回ボールを拾うほうが、ずっと楽しい。えげつないほど楽しい。


『小さな大ちゃん』

最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page