top of page

エピソード7 『イエスの子らよ』

部屋にもどって、シスターが帰っていくと、

「ウフフフ。」声がしたわ。

「エルサ、起きてたの?」

「起きちゃったわ。あなたが出ていく物音でね。」

「私がバカだから、笑ってたの?」

「ウフフフ。だいたいみんな、同じことやるわ。」

「そうよね!?」私、安心しちゃった。

「でも、初日に抜け出して大目玉くらったのは、

 たぶん、あなたが二人目よ?

 前に同じことやったのは、シスター・サラだけらしいわ。」

「その人、問題児なの?」

「とてもおとなしい人に見えるわよ。アタシには。」

エルサと同じで、ネコっかぶりなのかしら。


私、さっき怒鳴られた衝撃が、まだ冷めやらないわ。胸がイガイガしてる。

「大人って、どうしてガミガミ怒るのかしら?

 私、怒られるのキライなのよ。」

「それはアレよ。

 アタシたち子供っていうのは、ガミガミ怒られないと良い子にしないからよ。

 マリアンヌだってそうでしょ?いつもはお行儀よくしてるの?」

「ううん。いつも脱線してばっかり。」

「そうでしょ?それなら怒られたって仕方ないのよ。

 どっちもどっちってことね。」


少しおとなしくしてたけど、やっぱり眠れないわ。

「エルサ、起きてる?」

「寝てるわよ。ぐっすり。」

「起きてるのね。

 少し、お話付き合ってくれない?」

「しょうがないわね。」

「エルサどうして、修道院に来たの?

 ネコかぶってばかりってことは、お行儀よくするの好きじゃないんでしょ?

 修道院の生活って、あなたに合ってないと思うんだけど?」

「半分は合ってないけど、半分は合ってるわ。」

「どういうこと?」

「修道院は礼儀にうるさいからアタシに合ってないけど、

 修道院は女ばっかりだから、アタシに合ってるわ。

 アタシ、男ってキライなの。イジワルだから。」

「ふうん。

 でも、そういうあなただって、ナマイキじゃない?」

「そうよ、ナマイキよアタシ。でもイジワルじゃないわ。」

「どっちも同じようなもんじゃない?」

「そんなことないわ!遠くもないけど。

 それに、ナマイキっていうのは、あながち悪いことじゃないわ。」

「どうして?」

「ナマイキっていうのは、『年齢のわりに賢い』ってことよ。

 何か指摘されたとき、相手が年下だから、『ナマイキ!』って感じるだけでしょ?

 同じこと言われても、相手が年上だったら、『するどい!』って褒めるわ。

 言った内容には問題ないわけよ。年が幼いのが問題なだけ。」

「ふうん。エルサって面白いのね。」

ナマイキだし変な子だけど、

お母様が教えてくれなかったこと、教えてくれそうだわ。



『イエスの子らよ』

最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page