top of page

エピソード7 『マイウェイ -迷路の町のカロリーナ-』

引越しは、6月のある日だったわ。

ポパイのマスターが、「夏のセントニールはきれいだよ」と言ったからでもあるけど、

テキトーに準備したら、それくらいの季節だったの。

冬に準備が済んでたなら、冬に旅立ってたとおもうわ。


そう。私たちが引っ越したのは、セントニールという島。

島一面に、真っ白い家が立ち並んでいたわ。

イタリアや地中海では、こういう白い町は珍しくないの。キレイだからね。

今度もやっぱり、迷路の町だったわ。家も道も、とても複雑に入り組んでいるの。

今度は丘にある町だったから、段差まであるのよ。前よりもっと迷路。

結局、カフェテリアのマスターをやるような人っていうのは、

迷路の町を好むのよ。子供っぽいのね。

そしてきれいな町を好むのよ。芸術家なのね。

カフェテリアのマスターに相談するなら、

あなたはいつだって、子供っぽいものか芸術的なものにたどり着くわ。

つまり、行き着けのカフェテリアが見つかるかどうかで、

その人の人生がどうなるか、決まってしまうの。そういうものなのよ。

あなたの行き着けのカフェが、忙しない店だっていうなら、

あなたの人生だってやっぱり、忙しなくすぎていくわ。

あなたの行き着けのカフェが、ありふれたチェーン店だっていうなら、

あなたの人生だってやっぱり、チェーン店のようにありふれたものになるわ。


私たちが島についたのは、夕暮れ時でね。

真っ白い集落が燃えるような夕日に照らされて、それはそれは美しかったわ。

そしたらパパは、奇妙なことを言うの。

「懐かしいな…」ってね。

初めて来たのよ?パパも私も。



『マイウェイ -迷路の町のカロリーナ-』

最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page