top of page

エピソード7 『沈黙のレジスタンス』

そして2年ほどの月日が流れた。

僕は12歳になり、デニーは今ごろ、14歳になっているはずだった。

デニーに残された期間は、あと1年間。


珍しく監督が、僕に声をかけてきた。それも、神妙な面持ちで。

「おぉ、エニス。大変なことになった!

 ワシがうっかり、仕事仲間に口をすべらせたからじゃ。

 地下都市の発掘をしたがっている、地元少年が居るとな。」

「それが、どうかしたんですか?」

「ラーマ法王が、内密で発掘調査に乗り出そうとしている。

 国に手続きせずに、内密でな。

 観光地開発を名目にするつもりらしいが、それは違う。おそらく。」

「何なんですか?何かほかに、目的があるんですか?」

「隠ぺいじゃよ。」

「隠ぺい!?」

「文献の伝承によれば、

 地下都市に隠れ住んだのは、

 ラーマ帝国からの迫害を受けた、原初キリスト教徒の面々。

 ラーマ帝国もキリスト教じゃが、『原初キリスト教』とラーマ教義は、似て非なるもの。

 ラーマ法王によるキリスト教は、カネ集めじゃ。

 それに反対する『原初キリスト教』は、弾圧され、迫害されてきた。

 地下都市が発見されると、そのラーマ帝国による非道な迫害の歴史が、

 世界中に明るみになる恐れがある。

 じゃから、

 ラーマ法王自らが発掘を指揮し、不都合な証拠をあらかた隠滅する気なのじゃろう。」

「どうすればいいんですか!?」

「ラーマ法王の手先ではない者たちが、先に掘り起こすしかあるまい。

 そして先に、真実を報道する!」

「お願いします!監督!」

「そうもいかんのじゃよ。

 ワシは遺跡発掘のエキスパートではあるが、

 あくまで、国に雇われて発掘指揮をとっているにすぎん。

 ワシの独断で新たな遺跡発掘は行えんし、その資金も出せんよ。

 発掘労働者たちに、莫大な賃金を払わねばならんからな。

 国もまた、どこにあるかもわからん遺跡の発掘に、カネを払うことはせんじゃろうて。」

僕は思った。

「僕が、デニーが、先に掘り起こすしかない!!」



『沈黙のレジスタンス』

最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

コメント


bottom of page