top of page

エピソード7 『虚像のバンドマン』

エピソード7

「AKBとか、どうなのよ!?バンドより多いじゃんよ!」

って疑問が、挙がると思う。


あれはまた、別のカラクリがある。

アイドルっていうのは、

「アーティスト」としては、尊重されていないことが、多い。

まぁ、商品力が上がれば、手のひらがひっくり返るようだけど。


弁当やなんかは、もちろん、一人ひとりに支給されるが、

ギャラは、「1グループにつき、幾ら」という計算に、なる。



例えば、

同じ音楽番組で、

前座を務めるAKBは、1グループで、50万円としよう。

まぁ、実際、その辺が相場だろうと思う。

あれ、メンバーは何人居るんだ?

選抜されてるヤツだけだと、10人くらいか?良く知らねぇ。

仮に、10人としよう。

であれば、一人頭のギャラは、5万円だ。

まぁ、女子高生のギャラとしては、悪く無ぇだろう。

(だから、彼女たちは、コロっと騙されるんだよ)


その音楽番組で、トリを務める浜崎あゆみは、

1人で、200万くらいだろう、多分。

もう、市場価値は落ちたかもしれない。


今現在、CDの売り上げ力で言えば、

AKBのほうが、数段上だろう。

けれども、

一人頭のギャラは、

ソロである浜崎あゆみのほうが、何十倍も、上なんだよ。



番組制作者側からすれば、

出演者一人ひとりの取り分なんて、どうでも良いんだよ。

率が取れれば、良いんだ。

…あとは、

ある程度の、バランスだな。方向性のバランスだよ。

率が取れるとしても、アイドルばっかり並べると、クレームになる。


で、

「率」ってことを考えるならば、

10人もの「ひらひらスカート」のほうが、

一人の大物歌姫より、分が良いんだ。


すると、

番組制作者側は、大所帯のアイドル・グループを、

たいそう歓迎するんだよ。

それを解ってるから、

つんくとか、秋元康とかは、大所帯のグループを、作りたがる。



いや、

バンドも、グループ単位でギャラが出てることは同じなんだけど、

番組制作者側は、バンドとなると、アイドルと同じ粗雑な扱いは、出来ない。

一人頭5万の計算で、ギャラを支払うことは、出来ないんだよ。


すると、

バンド全体に100万払うだけの商業価値があるバンドだけを、

選りすぐるように、なる。

だから、

若手のペーペーは、出て来れないんだよ。


そういう若手のペーペーを出す場合は、

「別枠」として、格安のギャラでも了承するヤツらだけを、呼ぶんだ。



だから、

ゆずが出て来た頃に、すでに一流アーティストの仲間入りをしてたバンドだけが、

今でも、テレビに出てくることが、出来るんだ。


『虚像のバンドマン』

最新記事

すべて表示

エピソード200 『天空の城』

エピソード200 マスタードラゴンは天空城の2階のテラスへと着陸する。 着陸と同時に楽団は、勇ましいセレブレーションを奏ではじめた。そして天空城の住民たちが祝福に出てくる。 わー!パチパチ! れいさん、ばんざーい! デイジーさん、ばんざーい! マ「宴は後だ。先に少し話をしよう」 王の間へと移る。 マ「さて、二人を讃える言葉を送る者として、精霊ルビスと私と、どちらがよいだろうか?そなたらが望むなら女

エピソード199 『天空の城』

エピソード199 れ「一か八か・・・ 食らえ!とっておきの極大魔法!! 《ベホマ》!!!」 れいは両の手に回復のエネルギーを膨張させると、それを乱暴にクシャトリアに投げつけた!! ジュワ――――!!! すさまじい奇妙な音を立てて、クシャトリアの体が溶けていく!奇妙な煙を上げる! ク「お・ぉ・ぉ・ぉ・ぉ!」 デ「効いてるぞ・・・!」 れ「《ベホマ》!《ベホマ》!!」 そのとき、れいの体がほのかに青白

Opmerkingen


bottom of page