top of page

エピソード8 『全ての子供に教育を』

エピソード8

親父に嘘をついた日から丸1ヶ月後、

俺は、日本を発った。

飛行機なんてずいぶん久しぶりだ。18の修学旅行以来か。



飛行機の中では、色んなことを考えた。

「このまま、日本に帰らないっていうのはどうだろう?」

それも悪くない気がする。

学校建てるのに財産の半分を使うとして、

残り250万もあれば、5年くらいしのげるんじゃなかろうか。発展途上国ならば。

その後はどうする?

現地のIT企業にでも就職するか。

いや、就労ビザとかなんとか、手続きに躓くだろう。

それにもう、

棺桶みたいなビルの中で仕事したいとは、思えなくなってしまった。

いったん離れると、急に、そういうふうに感じられる。

僧院でも訪ねてみるか。

出家僧たちが暮らしている修道院みたいなのが、幾つもあるらしい。

金を払わなくても、滞在させてくれるらしい。

僧院なんて場所は、

セックスはおろか、女と手すら繋げないのだろうが、

それは今でも同じことだ。



そのまま親と絶縁して、僧院に出家したら、

俺も仏陀になれるのだろうか?


いや、そうは思えない。

出家僧=仏陀では、ないのだ。

チャラい出家僧も大勢いる事実を、俺は知っている。

昔チェンマイで目撃し、

子供ながらにドン引きしたのを、今でも鮮明に覚えている。



…そもそも俺は、仏陀になりたいのか?

どうだろう。よくわからん。

仏陀になって何の意味があるんだ?誰かに自慢するのか?

「仏陀の居る寺」なんてのを構えて、

信者をがっぽり集めて、お布施をがっぽり集めるのか?

…いや、

金銭欲や名声欲が残っているうちは、そもそも、仏陀にはなれないはずだ。



どうやら俺は、

「今の暮らしにうんざりしている」というだけであって、

特にこれといって、何かを求めているわけではないらしい。


『全ての子供に教育を』

最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

留言


bottom of page