top of page

声優オーディションで落ちた!次に何をすればいい?


声優オーディションで落ちた!次に何をすればいい?

声優オーディションに挑んでみたけど落選してしまった(T_T)そんなとき、次に何をすればいいのでしょうか?

声優になる夢を諦める必要はありませんが、そのためには適切な行動を取ることが重要です。以下に、声優オーディションに落ちた人が次に起こすべき行動についてまとめてみました。



まずは気持ちを立て直そう!

声優オーディションに落ちたときは、誰でも悔しくて落ち込んでしまいます。しかし、そのまま自分を責めたり、後悔したりしていても何も変わりません。オーディションに落ちる原因は様々ですが、自分の実力不足だけではなく、役や作品のイメージと合わなかったり、運が悪かったりすることもあります。オーディションは競争率が高く、合格するのはほんの一握りの人だけです。だからといって、自分はダメだと思い込む必要はありません。気持ちを立て直すためには、以下のようなことをしてみましょう。


オーディションの結果を忘れよう。

過去にこだわらず、次のチャレンジに向けて前向きになりましょう。オーディションは数多くありますし、自分に合った作品や役がきっと見つかるハズ!


オーディションで得た経験やフィードバックを活かすべし!

オーディションに落ちたからといって、無駄なことはありません。自分の演技や声を客観的に評価してもらえる貴重な機会です。オーディションで得た経験やフィードバックを参考にして、自分の弱点や改善点を見つけて修正しましょう。


応援してくれる人や仲間に話を聞いてもらおう。

オーディションに落ちたときは、一人で抱え込まずに、応援してくれる人や仲間と話しましょう。家族や友人、先生や同級生など、自分を理解してくれる人に相談したり、励ましてもらったりすることで、気持ちが楽になります。また、同じ夢を持つ仲間と情報交換したり、励まし合ったりすることで、刺激やモチベーションを得ることができます。



そして、声優オーディションに再挑戦!

気持ちを立て直したら、次は再挑戦することです。声優オーディションに落ちたからといって、声優になる夢を諦める必要はありません。しかし、再挑戦するためには、ただ同じことを繰り返すのではなく、自分の状況や目標に合わせて適切な方法を選ぶことが重要です。


声優養成所や声優専門学校で練習を積んだ?

声優養成所や声優専門学校は、声優として必要な技術や知識を学ぶことができる場所です。また、声優事務所と提携している場合は、卒業時に所属オーディションを受けることができます。つまり、声優養成所や声優専門学校に入ることで、自分の実力を高めるとともに、声優事務所への近道を作ることができます。

ただし、声優養成所や声優専門学校に入るためには、お金や時間がかかりますし、入学や卒業の条件も厳しい場合があります。自分の負担や目標に合った養成所や専門学校を選ぶことが大切です。


一般公募のオーディションも探してみよう!

一般公募のオーディションとは、声優事務所や制作会社がインターネットや雑誌などで募集するオーディションのことです。一般公募のオーディションに応募することで、養成所や専門学校に通わなくても、声優事務所に所属したり、作品に出演したりするチャンスがあります。ただし、一般公募のオーディションは非常に競争率が高く、合格するのは難しい場合が多いです。


また、一般公募のオーディションは信頼できる事務所や会社が主催しているものに限定しましょう。怪しいオーディションに応募してしまうと、トラブルに巻き込まれたり、搾取されたりする可能性があります。



自分を磨こう!

再挑戦するためには、自分を磨くことも欠かせません。声優オーディションでは、自分の声や演技力だけでなく、人間性やコミュニケーション能力も重要です。声優は仕事上様々な人と関わることが多いですし、自分の個性や魅力をアピールすることができれば、仕事の幅やチャンスも広がります。自分を磨くためには、以下のようなことをしてみましょう。


声も歌も、毎日練習すべし!

声優になるためには、声や演技力を練習することは基本中の基本です。発声・滑舌・発音・イントネーション・感情表現など、声優として必要な要素を毎日練習しましょう。

「毎日!」ですよ!

プロの売れっ子の、ベテランの声優さんでさえ、毎日声出し練習をしているのです!


また、アニメやゲームなどの作品を見たり聞いたりして、自分の好きな声優や役の演技を参考にしたり、模写したりすることも有効です。自分の声や演技を録音して聞き直したり、他人から意見をもらったりすることで、客観的な評価も得られます。


人間性やコミュニケーション能力を高めよう!

声優は仕事上様々な人と関わることが多く、そのためオーディションの段階で、「この子はコミュ力があるかな?」と審査員はよく見ています。演技が上手くても声が良くても、人間性に問題がありそうだとオーディションで落選してしまいます。

人間性やコミュニケーション能力は、これという練習方法があるわけではありません。アルバイトをしたり、目上の人と関わったりする中で少しずつ磨いていくものですね。毎日のすべての時間が、学びです!



ある程度声優としての実力に自信があるなら、声優オーディションに落ちてもへこまないことです。

配役のオーディションは、上手いかどうかよりも「そのキャラに合っているかどうか」で採用が決まる側面が強いので、上手い人でも落ちるのです。

ですから、無暗にへこまずにどんどんオーディションを受けましょう!

Comments


bottom of page