top of page

声優プロダクションの合格率は?


声優プロダクションの合格率は?

声優プロダクションの合格率は、一概には言えませんが、一般的には非常に低いと言われています。



声優プロダクションの合格率は1~3%と言われている。

声優になるためには、まず声優養成所や専門学校などで基礎的な演技力や発声法などを学び、次にプロダクションのオーディションに合格して所属する必要があります。しかし、プロダクションのオーディションは年に数回しか開催されず、応募者は数千人から数万人にも及びます。その中から選ばれるのは数人から数十人程度であり、合格率は1%以下ということも珍しくありません。



さらに、そこから活躍できるのは10%程度・・・

また、プロダクションに所属したとしても、すぐに仕事がもらえるとは限りません。声優の仕事は競争が激しく、オーディションや紹介などで獲得しなければなりません。そのため、新人声優は仕事が少なく、収入も安定しません。実際にプロの声優として活躍できる人は、全体の10%程度だと言われています。



声優プロダクションへの合格率を高めるためには?

では、どうすれば声優プロダクションの合格率を高めることができるのでしょうか?以下にいくつかのポイントを挙げてみましょう。


声優専門学校や養成所を選ぶ際は、実績をチェックしよう!

声優養成所や専門学校を選ぶ際には、デビュー実績や直結の事務所の有無などをチェックすること。デビュー実績が高い養成所や専門学校は、教育内容や指導陣が充実している可能性が高く、直結の事務所があればオーディションのチャンスも多くなります。例えば、インターナショナル・メディア学院やアミューズメントメディア総合学院などは、デビュー実績が高く、直結の事務所も多い養成所です。


声優養成所や専門学校で学んだことをしっかりと身につけよう!

基礎的な演技力や発声法だけでなく、台本の読み方や分析法、キャラクター作りなども重要です。また、歌唱力やダンススキルなどもプラスになります。声優養成所や専門学校では、さまざまなジャンルや役柄に挑戦する機会がありますので、幅広く経験を積むことが大切です。


プロダクションのオーディションでは、自分の個性や魅力をアピールしよう!

オーディションでは多くの応募者と競争しなければなりませんので、単に上手く演じるだけでは目立ちません。自分の持ち味や特徴を生かした演技をすることで、審査員の印象に残ることができます。また、オーディションでは演技だけでなく、面接や自己PRも重要です。自分の人柄ややる気、目標などを伝えることで、プロダクションとの相性や将来性を判断されます。



〇〇専門学校はデビュー実績96%!?数字のカラクリにご注意を!

声優の専門学校選びをしていると、パンフレットやホームページには「当専門学校の卒業生のデビュー実績は96%!」などとすさまじく高い数字が躍っていたりします。

「絶対ここがいいよ!」と思ってしまいますが、ちょっと待って!

こうした異様に高いデビュー実績率の数字には、カラクリがあります。

そのグラフを、よく見てください。

正所属だけでなく、準所属、研究生、練習生などでの契約数も、加算されているでしょう?しかも、96%のうちの90%以上が、正所属ではない契約であるはずです。

正所属以外の契約は「デビュー」とは言えず、レッスン生としてお金を払って通うだけのものです。事務所と関わりを持ててうれしい、というのはあるかもしれませんが、デビュー出来たわけではないのでご注意を!

その96%のうち、正所属の座を勝ち取る人は1~3%という程度です。



いかがでしたか?

以上が、声優プロダクションの合格率についての実情です。声優プロダクションの合格率は非常に低いと言われていますが、それだけに合格したときの喜びや達成感は大きいでしょう。声優になるためには、才能や運だけでなく、努力や継続も必要です。夢を諦めずに、挑戦し続けることが大切ですね!

Comments


bottom of page