top of page

声優・水樹奈々の過去世は?今生の使命や運勢は?


声優・水樹奈々の過去世は?今生の使命や運勢は?

声優・水樹奈々の過去世は?今生の使命や運勢は?


水樹奈々さんの、今生に最も関連性の深い過去世は、

19世紀の日本・琉球での人生です。昔の沖縄県のことですね。

このときも女性でした。

水樹奈々さんはこのとき、神聖な巫女さんをしていました。



巫女さんと言っても、神社でおみくじを売っていたわけではないです。

神に仕える巫女として、ご神事に携わっていました。

神の啓示を受け取るご神事で、水樹奈々さんは奉納舞いをしていました。巫女舞いです。



水樹奈々さんにとって今生の使命は、タレントというよりも「メッセンジャー」です。

天性のタレント性を使って有名人になるのは正解で、しかし歌や踊りに夢中になりすぎるよりも、「メッセージを大衆に伝えること」が大切です。

たとえば、歌を唄うにしても、唄う曲を吟味したほうがベターです。「さよならは悲しいことじゃないよ!」みたいな、皆の背中を押したり気づきを与えるような歌がベターです。



エンターテイメントの世界で活躍する水樹奈々さんですが、すごく真面目で向上心あふれる人なのではないかと思います。だからこそあんなに歌が上手くて多才なわけですよね!

「夢を叶えたいなら、みんなもっと努力をしようよ!」「色んな角度から努力をしようよ!」といったことを、伝えたい気持ちがあるのではないかと思います。それを積極的に行ってほしいですね。



可愛い衣装を着て活動するのはOKです。

巫女舞いの過去世を持つ人は、コスプレっぽいことが好きになりやすく、それはタレントになるために重要な気質なのです。かわいい格好をしていたほうが人目を引きますから、それで正解です。

また、可愛い格好を好むアイドル志望な女の子たちに注目されやすくなりますが、それも正解です。女の子たちに「さぁ立ち上がれ!」と伝えるのが使命です。



水樹奈々さんは、あまり恋愛に興味がないかもしれませんね。

この琉球の過去世で、女の子たちとばかり暮らしていたからです。巫女のお仕事が恋愛禁止だったわけではないのですが、女の子たちとばかり交流する暮らしで、男性とはあまり接していなかったようです。そして女の子たちとキャッキャするのが楽しくて、それで満足していました。


今生でも芸能活動において、「いい男はいないかしら」なんてあまり思っていなさそうです。そしてむしろ、声優やアイドルの業界に可愛い女の子がたくさんいることにトキメいていたりするかもしれません。



スピリチュアルなことにも結構興味があるのではないかと思われます。巫女の過去世を持つ人はそうなりやすいです。神秘体験を経やすいですし、不可視なことに興味を抱きやすいです。

でも、神頼みをするよりも自分で行動して実現することが大切!そんな真理もちゃんとわかっていそうです。

Comments


bottom of page