top of page

小嶋真子の過去世は?(AKB48)今生の使命や運勢は?


小嶋真子の過去世は?(AKB48)今生の使命や運勢は?

小嶋真子の過去世は?(AKB48)今生の使命や運勢は?


小嶋真子さんの、今生に最も関連性の深い過去世は、

18世紀の日本での人生です。

このときも女性でした。

小嶋真子さんはこのとき、呉服屋さんでした。



過去世での小嶋真子さんは、なんと自分で呉服屋を立ち上げたのです!

ファッションに対する強い興味があった彼女は、「自分でプロデュースしたい」と考えたのです。着物や衣類をデザインするだけでなく、「お店の方針を自分で決めたい」と願うのでした。

良心的なお店がしたかったのです。商人らしくない商人になりたかったのです。

彼女は、お洒落な衣類を安い値段で売りました。



今生での小嶋真子さんは、AKB48の人気メンバーとして活躍しました。

それだけでなく、自身でファッションブランドを立ち上げましたよね!魂の記憶をかなり保って生きている、と言えます。素晴らしいです!



小嶋真子さんは「清純フィロソフィー」のミュージックビデオの中で、「夢は女優になること」と赤裸々に語っています。これはおそらく、彼女の本音なのでしょう。

「AKBは踏み台にすぎないわよ」と漏らしてしまっているようなものですが、きれいごとを言うよりも自分に正直でいたい、そんな清い心を持った人であるはずです。

だから彼女は、独立がしたいのです。色々な面で。



今生の小嶋真子さんの使命は、実はアイドルでも女優でもなく、「指導者」です。「女性に優しい組織を率いる」のが、彼女の使命です。

たとえばアパレルブランドを立ち上げるのであれば、女性のスタッフが働きやすい職場にコーディネイトするのが彼女の使命です。生理休暇を作ってあげたり、出産したスタッフが復帰しやすいようにしてあげたり、などですね。



指導者の使命を果たすうえで、アイドルになったことは間違いではありません。

女性社会の中で女性たちの気持ちを知ることは大切ですし、女性の人脈を広げることも有意義です。おそらくファッションの会社を志すであろう彼女の魂にとって、お洒落な衣装をたくさん見てきたこともプラスです。女優を経験することもまったく悪くはないですね。



小嶋真子さんは、優しさと厳しさ、そのバランスのとれた指導者になれるのではないでしょうか?

メンバーそれぞれががんばることが大切だと彼女は身を持って知っているでしょうし、それでいて弱っている人に手を差し伸べる優しさもあるでしょう。場を盛り上げる明るさもあるでしょう。

優しさと厳しさを持ち併せる人は、良い組織を造ります。なかなか出来るものではありません!



小嶋真子さんはどのような恋愛をするでしょうか?

過去世では、貧しくも誠実な男性を、自分の家にかくまって暮らしました。「男が稼ぐべき」などとは考えず、その男性の誠実さを尊重したのです。金持ちな男性よりも誠実な男性にときめいいたのです。

今生でもそのような恋愛をするかもしれませんね。精神性の高い男性が好きなのではないでしょうか?

Opmerkingen


bottom of page