top of page

広末涼子の過去世は?今生の使命や運勢は?


広末涼子の過去世は?今生の使命や運勢は?

広末涼子の過去世は?今生の使命や運勢は?

広末涼子さんの、今生に最も関連性の深い過去世は、

19世紀のドイツでの人生です。

このときも女性でした。

広末涼子さんはこのとき、「ハイジのような女の子」でした。



ドイツの過去世における広末涼子さんは、教育熱心な貴族の家庭に生まれました。

幼いうちからたくさんの習い事をあてがわれ、テーブルマナーをしつけられ、良い貴族の妻になることを期待されていました。彼女はバレエを踊ったりドレスを着たりの華やかなことは好きでしたが、厳しい規則や強制の中で生きることがとても苦痛でした。

やがて彼女は、たくさんの才能だけをスーツケースに詰め込んで、家出をしたのです。都会を離れ、ドイツの田舎町で自由きままに余生を過ごしました。

あまり大きな声では言えませんが、成人した彼女は風俗嬢という仕事を選んで生きました。



今生での広末涼子さんは、さわやかなルックスとは相まって、ややスキャンダラスなタレントさんと言えます。(そのことを批判するつもりはありません)

広末涼子さんは十代のデビューの頃から天才的なタレントセンスを見せつけましたが、全国区の芸能人になるべきではなかったのです。歌ったり演じたりしても良いのですが、小劇場の中で本当にやりたいことをやったり、町の人情的な食堂の看板娘として笑顔を振りまき、地域の役に立つ、そんな使命を持っていたのです。

芸能界を目指さず地域の中で生きるか、または芸能界に入っても「ここは私に合わない」と若くして引退したほうが良かったのです。



タレントとして非常に才能あふれる広末涼子さんですが、厳しい規律や監視の中で優等生を演じ続けることは得意でないはずです。「自由に生きたい」「嘘を言いたくはない」といったスナフキンのような哲学を持ち併せるはずで、偉大な才能家でありつつも規制社会の中で生きることが向いていません。ある意味ではならず者ですが、でも大衆は、「本当は国会議員よりもスナフキンのように生きることのほうが正しい気がする」とわかっていますよね?そんなスナフキンを増やすことが、広末涼子さんの使命でした。



恋愛欲求が強く、性欲が強いと思われます。広末涼子さんは、芸能リポーターに追い回されるような人生、CM好感度を意識し続けるような人生が向いていないのです。社会からの厳しい目がなければ、恋多き女性として生きることはそう咎められなかったはずです。



人気タレントになれそうなほどの多彩な才能を持っていながら、脚光を浴びたがらずに生きる人たちもいるものです。広末涼子さんは、そういう無欲な才能マンたちを見つけてひそやかにキラキラしながら生きるほうが向いています。

コメント


bottom of page