top of page

春茶の過去世は?今生の使命や運勢は?


春茶の過去世は?今生の使命や運勢は?

春茶の過去世は?今生の使命や運勢は?


春茶さんの、今生に最も関連性の深い過去世は、

20世紀初頭の日本での人生です。

このときも女性でした。

春茶さんはこのとき、看護師でした。



20世紀初頭に生まれた過去世の春茶さんは、第二次世界大戦によって若くして命を失っています。

看護師をしていた彼女は、野戦病院の中で懸命に人命救助に奔走し、自己犠牲しながら戦死していきました。

一体このような過去世と今生の歌の上手さが、どのように関連するのでしょう?



看護師として世に献身した春茶さんは、あまりにも自己犠牲心が強すぎるのです。

生まれ変わった次の人生でも、看護師や介護士などになり人のために尽くしすぎてしまうことが予測できました。だから春茶さんは、「天性の歌声」を携えて生まれてきたのです。「私は歌う道に進むべきだ」と、彼女が思うように。

だから春茶さんの声質は、「癒し系」の声をしています。歌でも人々を癒せるように、です。



春茶さんは、歌が上手いだけでなく精神性が高いはずです。

「世界はこうあるべきだ」といった理想論があり、自分もそれを生きようと気を張ってきたのではないでしょうか。真面目で思いやり深い人だと思われます。腐敗した社会を嫌ったり、幼稚な人を嫌ったりするところがあるのではないでしょうか。

春茶さんがカバーする曲はフォークソング的なものが多いですが、やはり精神主義的な感性が出ていますよね。



歌う使命を果たすにおいて、アイドルグループのオーディションなど受けずにYoutuberとして自力で活動したのは、正解だったと言えます。

彼女の清い心は、腹黒い芸能界には耐えられないでしょう。順位を競い合うことを好まないでしょうし、バラエティ番組でからかわれることに耐えられないでしょう。

中身のない歌を歌いたいとは思わないでしょう。



恋愛においても「尽くしたい」という気持ちがあるはずです。

か弱い雰囲気を持っているため、春茶さんに尽くそうとする男性がいくらでも寄ってきそうです。それを「うれしい・幸せ」と感じる時期もあるかもしれませんが、最終的には自分から追いかける恋愛のほうが幸せに感じそうです。献身性の高い女性はそういうものですね。

音楽が得意で、演奏上手というより作曲の出来る人に尊敬を感じ、好意を抱くのではないでしょうか?


音楽をするにおいても、恋愛をするにおいても、彼女を粗野なものから守ってくれるような人と交流してほしいなと、心から祈ります。


Comments


bottom of page