top of page

松浦亜弥の過去世は?今生の使命や運勢は?


松浦亜弥の過去世は?今生の使命や運勢は?

松浦亜弥の過去世は?今生の使命や運勢は?

松浦亜弥さんの、今生に最も関連性の深い過去世は、

18世紀のフランスでの人生です。

このときも女性でした。

松浦亜弥さんはこのとき、オペラ歌手をしていました。麗しいルネサンス芸術家だったのです。



松浦亜弥さんはモーニング娘。などが所属する事務所の出身で、「アイドル」という印象が強いですよね。むしろ「平成最後のアイドル」とか「真のアイドル」とか、アイドルとしての立ち居振る舞いの素晴らしさが絶賛されるほどです。

しかし、実は本人としては、「アイドル」というよりも「歌手」になりたかったと思われます。過去世がオペラ歌手ですから。



可愛らしい振る舞いで賞賛されるよりも、「歌」で賞賛されたい思いが強かったでしょう。実際、歌唱力は経験とともにメキメキと伸びていきましたよね。

おそらく「歌」そのものの素晴らしさを知っている人で、たとえば「ハモってもらうことの気持ちよさ」などよく感じ取っていそうです。アイドルというより芸術家の感性ですよね。



「アイドルよりももうちょっと大人びたことをやりたい。」

そんな気持ちを抱えているかもしれません。

アイドルとしての実績の高さや童顔な顔立ちから、どうしても周囲はアイドル的な仕事を期待します。優等生なのでそれについ全力で応えてしまう松浦亜弥さんがいます。

でも・・・。

もし本当にやりたいことがアイドルよりももっと大人びたことなら、ぜひ勇気を出して進言してほしいものです。



「心暖まる歌が唄いたい」そんな気持ちも強いかもしれません。

松浦亜弥さんの使命がそれなのです。アイドルというより歌手であり、歌手の中でも深みのある曲を歌うような歌手です。

過去世でオペラ歌手をしていた松浦亜弥さんは、芸術への深い興味や、文学的な人の心の機微など、精神主義的な感性を持っていそうです。

童謡や子守唄、懐かしの名曲なんか歌っても良さそうですね。



松浦亜弥さんは、子宮内膜症を患ったことがありました。

子宮の病気は、色々とバッシングなど受けやすく、さぞ辛いを思いをされただろうとお察し申し上げます。

実は霊的な視点から言うと、松浦亜弥さんの子宮内膜症は、ブループリントとしてあらかじめ決まっていたことでした。


松浦亜弥さんの子宮内膜症は、何かの要因で患ったわけではなく、生まれる前から発症が決まっていたのです。

これは、妊娠・出産によって芸能活動を中断されないようにするための生前からの計らいです。表現者として生きることが彼女の使命であったのです。

出産してはいけないわけではありません。



芸能人・有名人には、このような理由で子宮の病気になる人が少なくありません。それに抗って子供を産んでもよいのですが、病気を機に「本当に私は子を産みたいかしら」と熟考するのもよいですね。



松浦亜弥さんは、今後どのような活動をしていくか想像もつきません!

なぜなら、非常に成熟した魂の持ち主で、様々な能力・興味を持ち併せているからです。彼女はアイドルの頂点を極めましたが、アイドル力は彼女にとって特技の1つにすぎない、という感じです。社会活動など行ったりする可能性も、考えられますね。

芸能界を引退して、日の当たらない場所で何かをしたがるかもしれません。

Comentários


bottom of page