top of page

照れくさい言葉を彼に簡単に伝える方法!


恋愛では女性が積極的になるべきだ、と常々説いています。

好意を伝えるのも手をつなぐのも、女性の側から行うべきです。それならあなたは、嫌な思いをしないで済みます。

それが理屈では納得できても、恥ずかしくてなかなか行うことができない・・・そんな女性は多いことでしょう。

それなら、こんな方法をおすすめします。



メモ紙に書いて伝えるとよい。

とても簡単です。

メモ紙に書いて、彼に渡すと良いです。

たとえばお食事デートにこぎつけて、今日のうちに手をつなぎたい!と思ったなら、「手をつなぎたいです(*^^*)」とメモ紙に書いて、もじもじしながら彼に渡しましょう。これだけでもドキドキしますが、口で言うよりはずっと容易なはずです。

セックスがしたい場合も同じです。「あなたとえっちがしたいです♡」と書いて彼に見せましょう。それだけであなたの気持ちは伝わります。

周りに人がいれば、「えっちがしたい」「ホテルに行きたい」と口にするのは大変ですが、メモ紙なら彼以外の人には気づかれずに済みます。

「キスがしたい」「腕を組みたい」「あなたの家にいきたい」「今日は帰りたくない」「LINEの交換がしたい」なんでも良いです。



シンプルな紙で充分です。

場合によっては、お食事デートにでかける前に家で書いて持っていってもよいです。そのほうが確実かもしれません。

しかし、オシャレな一筆箋(メモ帳)などを用意する必要はないです。おしゃれな紙に凝った文字で書いてまうと、彼は「これは捨てられないな」と思ってしまいます。しかし「あなたとえっちがしたい」などと書かれたメモ紙を彼が家の引き出しに入れておくと、後でトラブルを招きかねません。

コピー用紙をちぎったものでも良いですし、喫茶店の紙ナプキンでもよいです。



LINEでも良いが、記録に残ってしまうのがネック。

メモ紙ではなく、LINEやショートメールなどで彼に気持ちを伝える方法もあります。

しかし紙のほうが良さそうです。

LINEやショートメールの場合、あなたや彼のスマートフォンに記録が残ってしまうからです。

LINEの画面などは、不意に家族や友人に見られてしまうことがありますが、そんなときに「あなたとえっちがしたい」などといったメッセージを見られてしまうと、恥ずかしいです。

不倫や浮気、秘めた恋の類でないとしても、そうした言葉を家族知人に見られるのは気まずいでしょう。


LINEやメモ帳アプリに文字を書き、見せたら消す、という方法もありますね。紙やペンがなくても行えます。



女性は、「口で直接好意を伝えて!」と期待する人が多いですが、男性はあまり気にしていません。

無理せず、伝えやすい方法で伝えましょう♡

Comments


bottom of page